目標と目的!きっちり区別すれば目標はどんどん達成していける!!

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

目標シリーズ第二弾
今回は「目標と目的の違い」です。

え?目標と目的って違うの?って
思った方いるんじゃないですかね~(毎度のことながら私です。)

似ているようで本当は違うこの2つですが、
混同して捉えている方、結構多いんじゃないかと思ってます。

目標を達成できる人と、諦めてしまう人の違いは
「目標設定する力」が一つの要素としてあります。

でもこれは天から授かりました・・・というような
特別な能力ではなくて、「目標をたてるスキル」なんですね。

色んなことを成し遂げている人は

このスキルを知っていて、
とてもうまく使えています。

このスキルが使えると、
どんどん自信もついちゃうし、

やりたいこともどんどんできちゃうし、
「人生って自分の望む通りにできる」って信じれる、

だから目標設定力のある人は
色々なことを成し遂げて行ってるんですね。

今まで、目標が達成できなくて
自信を失ってきた方も、

これから新しく何かを始めたいと思っている方も、

今回は「目標と目的の違いを区別する力」をつけて
目標設定力を上げていきましょう!

目標と目的の意味

目標と目的

目標と目的の違いってなんでしょうか?
それぞれの文字の意味の違いは

目標の「標」は、印や手引きという意味を持っていて
目的の「的」は、その読み通り「まと(ゴール地点)」という意味があるので

目標は、「物事や地点にたどり着くまでの目印」→特定の地点までの指標
目的は、「目指す事柄や、行動のねらい」→「なんのために」という理由

という風に考えられるのですが、
もっと具体的にどう違うのか?

というのをまとめました。

目標は具体的、目的は抽象的

目的は「行動の理由」「最終的に手に入れたいもの」という長期的で、
「自分がどうありたいか」という自分の価値観が反映されます。

例えば、「お金持ちになりたい」「痩せて綺麗になりたい」
「幸せな家庭を築きたい」「健康的な生活を送りたい」などです。

お金持ちになりたいっていうのは多くの人が1度は願ったことが
あるかもしれませんが、

どの程度のお金があれば「お金持ち」になるのでしょうか?

痩せて綺麗になりたいというのも、
どれぐらい痩せれば綺麗になったことになるのでしょうか?

体重?体脂肪?見た目?
これは人それぞれ違いますね。

このように、人生観や生きがい、夢などのイメージや
達成感、安心感、幸福感という風な感覚になるのでとても抽象的です。

それに対して目標は、自分が手に入れたいものは
どうすれば手に入るのか?という道筋ですので、

具体的で現実的な手段や方法などになります。

例えば
「痩せて綺麗になりたい」という目的があるならば、
「体重を〇〇kg減らす」「毎日筋トレをする」「間食を控える」

という風に、自分が手に入れたい目的を達成するためにはどうすればいいか?と考えて
目標(道筋)を立てることになることになります。

「幸せな家庭を築きたい」が目的ならば、
自分にとって「幸せ」とは何なのか、どういう状態なのか?を考える必要がありますね。

「いつまでも仲良しでいる状態」に幸せを感じるのであれば
「どうすればそういう状態になれるのか?」という自分なりの答えが目標になります。

例えば、

感謝の気持ちを忘れずに伝える、
相手への思いやりを持った行動を1日1回する

などが思いついたので
私なら目標にするかなぁ?という感じです。

目的に具体的すぎるものを掲げると、
最終的に欲しいものの幅が狭いので、

(これ以外はダメ!というクローズな目的設定)

目標はさらに細かくいくつも必要になったり、
目的を達成することが難しくなりがちです。

また、目的と目標の混同はこういった場面で
よく起こっています。

学生時代、「できるだけ高いレベルの学校へ進学したい」という
目的を達成するため、

「塾に通う」「毎日◯時間勉強する」「体調を崩さないように管理する」
という目標を立てて勉強してて頑張っていたとしますが、

じゃあ、どうしてレベルの高い学校へ行きたいのか?というのは

将来たくさんお金を稼ぎたい
自分の望む会社に就職したい
もっと興味のある分野を研究したい

というところに繋がっているかもしれませんし、

充実した人生を送りたい
不自由のない生活がしたい

というところにも繋がっているかもしれません。

そうなると、実は
高いレベルの学校へ行くことは、

目的ではなく目標だったことがわかります。

目的を達成したのに、

「なぜかスッキリしない・・・」
「こんなはずじゃなかった気がする」
「どうしてこれをやろうと思ったんだろう??」

という風な燃え尽き症候群のような状態に
なった場合、もしかしたら自分の本当の目的は

もっと先にあるのかもしれません。

目標は目的のための手段

目的は抽象的
目標は具体的

というのは、もっとわかりやすくいうと、

目標は、目的を達成するためのステップ、手段です。

そのため、目的がない状態で
目標だけが存在することは本来ならありません。

目的があるから、目標が生まれます。

目的・美しい身体になる
目標・体脂肪を5%落とす、ジムに週3で通う、食生活を野菜中心にする

などです。

また、目標は
速度、方法、数などを自由に決定することができます。

目的を達成するまでどれぐらいの数の目標を
クリアしていかなくてはいけないのかは、

目的の内容と、自分自身の今の能力や環境などによって
変わってきます。

そういったことを踏まえて
目的までの道筋を作る力が目標設定力です。

そのため、目的は一つ定めておき、
実現できるかどうかわからない漠然としたものでも良く、

逆に目標は具体的で達成できる見込みのあるものを
設定して一つ一つ着実に達成していく形が理想的です。

数値で表せない抽象的な「目的」のために
具体的で数値化できる「目標」を作って進んで行くのです。

目的は1つ。目標は複数。

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがあるように、
目的は1つに絞ることが大事です。

渡された地図の目的地が、
2つも3つも印されていると、

何処に行けばいいのか迷ってしまいますよね。
なので目的は1つです。

ただ、その目的地にたどり着く方法は無限に考えられます。

例えば、「ミステリー作家になる」
という目的があるとすれば、

それを達成するための手段は

「〇〇賞をとる」「アシスタントになる」「自分の作品をネット公開する」
「自分の作品を出版社に送る」「本を出す」

など色々あります。

目標は
どんな方法を使うのか、どういう課題を乗り越える必要があるのか?
今の自分の能力は?

などによって、いくつも必要な場合や、

1つの目標をクリアしたら次は2つの目標を
クリアすることが必要になったりなど、

複数個を同時にもつ場合もあります。

もちろん、大きな目標を掲げて大きく近づいていくことも
可能です。

「目的」は1つ
「目標」は複数

持つことができます。

目標は諦めても、目的は諦めない

目的は自分がどうありたいか?どうなりたいか
という人生観や、方向性になるので、

諦めたり見失うと、
自分がどうしたいのかわからなくなります。

なので、目的は最後まで諦めずに持ち続けることが
大事なのですが、

目標は目的へのルートなので、
実践していくうちに

変更、追加、削除が必要な場合も多々あります。

「諦める」というのはその一つの方法に
執着するのではなく、

再設計する必要があるからです。

その途中で大きな目標にぶつかり、
挫折することがあったとしても

目的は見失わずにいることがとても大事で、
そこがしっかりとしていれば、

方法を再設定することはいつでも可能なのです。

また、目標達成=目的達成に必ずなるわけではないので
目標は柔軟に再設定をしていくことが大事です。

例えば「幸せな家庭を築きたい」という目的に対して
金銭的にゆとりがある方が良いと考え

「月収〇〇円」という目標を立てたとして目指す中で

1週間の中で全く家族の時間が取れない、
家に帰れないことが多い、

・・・などという状況になりながら「月収〇〇円」に
達成したとしたら、

その時の状態が自分の思い描いていた「幸せな家庭」に
どれぐらいなっているのか?が大事ですよね。

あくまでも「月収〇〇円」は目標の1つなので、
それを達成する=目的が叶うわけではない場合があるのです。

そこで「無理だ」となるのではなく、
目標を再設定する柔軟さも、目標設定力です。

目的とモチベーション

目的とモチベーション

目的とモチベーションには親密な関係性があります。

目的次第で目の前の捉え方が変わる

有名な話だと、イソップ童話の「三人のレンガ職人」
という話があります。

とある町でレンガを積んでいる三人の職人に会うのですが、
「何しているんですか?」と聞くと

三者三様違う返答が返ってきます。

1人目の男は「レンガを積まされているんです」と言いました。
2人目の男は「家族を養うお金を稼ぐため働いています」と言いました。
3人目の男は「歴史に残る大聖堂を造るため、素晴らしいことをしています」と言いました。

この人たちの目標は、
そこまで違いはありません。

1日何個とか、時間はいつまでなどの作業量ができるように
自分の担当している場のレンガを積むことです。

ですが、「目的」が3人とも全く違っています。

1人目は「目的がない」状態です。なので「させられている」となります。
2人目は「お金を稼ぐ」が目的です。
3人目は「歴史的建造物を造ることに関わり、世の中の役に立つこと」が目的です。

誰がモチベーション高く、責任感ややりがいを持ち
仕事の質を高く作業しているかというと

きっと3人目の男の人ですよね。

3人とも同じことをしているのに、目的が違うだけで
モチベーションや質は大きく変わってきます。

「自分はどうありたいか」ということが違うだけで
物の捉え方は大きな差が生まれます。

目的意識のない目標は苦痛

先ほどの1人目の男の人は「目的がない」状態でしたね。

ですが、今日の目標としては
レンガを積まなくてはいけません。

これは苦痛で、ストレスのたまる作業です。

目的(やりがい、生きがい、夢など)がない状態で
ただただレンガを積むわけですから、

今日1日の作業が終わっても、
「今日もやっと終わった」という感じで

それほど爽快感や達成感を感じられないかもしれません。

人間はしんどいこと、つらいことは
ストレスになり、続けるのが苦痛に感じます。

「何のために行動するのか」「なぜ今この目の前のしんどいことをしているのか」
というのは目的意識をしっかり持ってやらないと

目標はただただ負担になり、苦痛に感じるのです。

目的は違っても目標は揃えることができる

3人の男たちはそれぞれ目的は違いましたが、
目標は一緒でした。

そうなんです。
目的が違っていたとしても、目標は揃えることができます。

会社などになると
「社会貢献」という企業の理念(目的)があったとしても、

全員が全員その目的に向けて働いているのかといえば、
きっとそんなことありません。

ものすごく意欲的に社会貢献に向けて働いている人もいれば、
ただ仕方なくの人もいるはずです。

ですが、個人個人の目的が違っていたとしても、
個人個人の夢、人生観、価値観などを話し合い、

相互理解をしていくことで、
例え最終的な目的が違っていたとしても、

共通の目標を掲げて目標達成への意欲を持つことができます。

各個人が自分の目的のためにこの共通の目標があるという認識になれば
頑張ることができるのです。

目的・目標・手段を区別する

目的と目標と手段

目的、目標、手段の違いは?

目的は、「何のために」
目標は、「道筋、方法」
手段は、「How toやマニュアル」

です。

例えば、「自分に自信を持つ」

という目的があり、

そのために「〇〇kg痩せる」「1年〇〇を続ける」
「新しい資格を取る」「プロジェクトを成功するまでやる」

という目標を立てたとすると、

痩せるための手段として「食事管理」を始めたのに、
その手段と目的がすり替わると、

「食事管理をすること」が目的になってしまい、
食事をどうするのか?できているのか?できていないのか?

ということに執着・固執してしまうようになり
目的であった「自信を持つ」を見失ってしまいます。

これは仕事や日常などでもあることで、

美味しくて安全な食事を世の中に届けるという目的のため、
安くて美味しい商品を作るという方法があるのですが、

いつの間にかコスト重視の商品を作ることが
目的になってしまう、

将来自分の働きたい会社に入社したいという目的で
良い学校に受かるという方法を選んでいたのに、

いつの間にか、
学校に受かることが目的になってしまうなどです。

目標と目的もよくすり替わりがちです。

会社の理念や従業員それぞれの目的などの先に

「今月の売り上げ目標は〇〇円」という目標があったとしても、
その過程で「〇〇円売り上げること」が目的にすり替わってしまうのです。

売上目標は変動しますね。
変動するものは、目的にはふさわしくありません。

目的は不変だから目指すことができるものです。

大きな目的を果たすために始めたことが、
現実(目標)に追い詰められて

達成感や成長感を感じられないままに
タスクをこなすだけの日々になってしまう可能性があるので
注意が必要です。

まとめ

今回は目的と目標の違いについてまとめました。

ざっくり箇条書きにすると、

・目的は最終的なゴール。目標はそこまでの道しるべ
・目的は抽象的。目標は具体的。
・目的は1つ。目標は複数。
・目的は諦めない。目標は状況に合わせて設定していく

という違いがありました。

混合して捉えていた人もいるのではないでしょうか。

私は目的は見失っていたり、わからないままに
目標だけたくさん立ててこなしている人だなぁと思いました。

色々やってても、「それなんでやってるの?」と
聞かれると、

「楽しいから・・・?」「必要だから・・・?」
みたいな感じです(笑)

次は、目標設定のコツと失敗してしまう人の特徴を
まとめていきます。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪