記録と記憶の昔と今【オヤジ日記】

こんにちは、オヤジこと小名智之です。
 
 
先日、
数年振りに携帯電話を買い替えたので
 
携帯電話の中にある
子どもの画像や動画を
整理していました。

  
日常の中で
子どもの可愛い瞬間を見つけると
思わず携帯で撮影してしまいますよね!(笑)
 
そして、
大量の画像と動画データが
内臓メモリーやSDカードの容量を
埋め尽くしていくハメに・・・
 
僕は使っていませんが
クラウド上に画像や動画のデータを
保管している人もいると思います。

  
子どもの画像や動画を整理しながら
ふと、
 
「自分が子どもの頃って、
こんなに写真撮ってくれなかったよなぁ~」
 
と思ったんです。
  

昔は携帯電話も無いし
写真を撮る時は
 
24枚とか36枚の
アナログの写真フイルムを
カメラにセットして
1枚1枚大切に撮影していました。
 
もちろん今のように
撮影したらすぐに画像で確認できるわけではなくて
 
フイルムをカメラ屋さんに持っていって
現像してもらって
そこではじめて
写真写りを確認していました。
 
現像してみたら
手振れしていたり、ピンぼけしていたりで
ほとんどの写真がムダになった経験もありました。

  
ですから、
旅行や運動会など特別な時だけしか
カメラで撮影することはなかったですし
 
写真撮影の時は
みんな行儀良くポーズをとって
撮影していたので
 
今のように
日常生活の中での
自然な表情を盗み撮りするような
写真(画像)はほとんどありませんでした。
  

生まれてから大人になるまでの
全ての写真の枚数も
 
今の子どもたちは
自分の時と比べて
何十倍や何百倍も枚数があると思います。

  
昔は畏まったポーズの
記念写真的なものが
しかも、枚数も少ないわけですから
 
一見、昔より今の方が
様々な瞬間を記録に残すことができて
幸せなんじゃないか?
って思ったりもしたんですが、
 
よくよく考えてみると
どっちもどっちのような気がするんです。

  
昔は、記録に残せない分だけ
その瞬間にみんなの気持ちも
たくさん注がれていたような気がして
 
写真やビデオには残ってないけど
自分の記憶にたくさん鮮明に残っている気がするんですね。
  

先日も、
子どもが無邪気に遊んでいる時に
 
その表情が可愛かったので
妻がとっさに携帯電話を取り出して
必死に撮影を始めたんですが
(どこの家庭でもよくあるシーンだと思います)
 
なんか、大切な瞬間の多くが
撮影会になってしまうのは
なんとなくもったいない気もしたんですね。
 
もちろん、この瞬間を残してあげたい
と思う母親の気持ちは
良く理解しているつもりですし
それを否定するつもりもないんですが
 
きっと、世の中が便利になっていくだけ
不便だった時に享受していた「何か」を
失っていくんだろうなぁ
って思ったんですね。
  

記録の進化が進んだ今
濃い記憶を残せるように
 
「今」の時間を画像や動画に残すだけでなく
生身の身体と心で
子どもと一緒に体験しよう!
 
そんな風に
改めて思った出来事でした。

  

それでは、また次回にお会いしましょう。

オヤジこと小名智之でした。
 

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseの親会社である株式会社Centeringの代表取締役。SmileHouseのブログでは、父親の立場から日々子育てで感じたことをシェアしていく、題して「オヤジ日記」を執筆中。