親子で味噌を造りけり【オヤジ日記】

こんにちは、オヤジこと小名智之です。

先日の土曜日は
大阪から石川県に移住して
自然栽培農業で頑張っている友達が

大阪で「味噌造り教室」を開催するというので
子どもも連れて家族4人で参加してきました。

味噌作り

生まれて初めての味噌造りでしたが
とっても新鮮で楽しい時間でした!

味噌造りの先生をしてくれた
農家の友達の話によると

味噌造りで大切なことの1つに
「自分の身体に住んでいる菌を
 味噌の中にしっかり入れること」

らしく、
自分の菌が味噌に入っているから
食べても身体(胃腸)に馴染むのだそうです。

しかも、
乳幼児や子どもの菌は元気なので
家族で食べる味噌は、
造る過程で子どもにたくさん触らせて
味噌に子どもの菌をたくさん入れると

家族にとって
とっても相性の良い味噌に
仕上がりやすいんだそうです。
  

会場に到着すると、
無農薬・無肥料・無除草剤で栽培した大豆を
事前に炊いておいてくれて

最初の作業は
その炊かれた大豆を素手で潰すことでした。

味噌作りイメージ

でも、1つ1つ大豆を手で潰すのは大変なので

味噌作りイメージ

必殺!足で踏んで潰す作戦に♪

大豆が潰れたら、塩と麹を混ぜて
更に潰しながらこねていきます。

お団子みたいに丸く固めながら
中身の空気を抜いて

樽や容器に投げ込みながら
空気を抜きながら詰め込みます♪

あとは涼しい場所で寝かせるだけ・・・

やってみたら工程は単純でしたが
そもそも自然農法で栽培された大豆を
手に入れることが困難ですから
本当に貴重な味噌になりそうです。

そして、
何よりも家族みんなで造った味噌を
来年に食べるのが楽しみです!
  

味噌造り(仕込み)は
冬にやるのがベストらしく

また来年の冬に
再び味噌造り教室を開いてくれるそうなので

来年また、家族4人で
参加させてもらおうと思っています♪
   

それでは、また次回にお会いしましょう。

オヤジこと小名智之でした。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseの親会社である株式会社Centeringの代表取締役。SmileHouseのブログでは、父親の立場から日々子育てで感じたことをシェアしていく、題して「オヤジ日記」を執筆中。