本物のイクメンって???【オヤジ日記】

こんにちは、小名智之です。
 
 
いつも仕事ばかりしている、
仕事人間の僕は、

到底、「イクメン」とはほど遠いところで
子育てをしているのではないか?
と反省の念を持ちながら思っています。
 
 
先日、本屋さんで
ある本を探していたのですが、

ふと育児本が気になり
育児本コーナーを眺めていたら
「イクメン」に関する本や雑誌が並んでいたので
手にとって立ち読みしてみました。

ただ、読んでいるうちに
なんと言いましょうか?
違和感というか、「そうなのかなぁ?」
という気持ちになってきたんですね。
 
 
お父さんが子どもと遊ぶ時の道具や玩具が紹介されていたり
とにかくお父さんが子どもの世話をする前提での
商品紹介やグッズ紹介ばかりなんですね・・・

もちろん!
お父さんならではの子どもとの遊び方もあるし
お父さんだって、たくさん子どもの世話をすることは
僕も大賛成です!
 
 
ただ、僕が感じていた違和感は、

「本当にお母さんの代わりに子どもの世話をすること」
がイクメンなのかな?

という単純な疑問でした。
  

もちろん、イクメンに対する捉え方は
人それぞれですので、
正解はないとは思うんです。
 
 
ただ、読者のお父さんの皆さんも感じたことがあると思いますが
「お母さんの偉大さにはかなわない」んですよね・・・

子どもは本当に辛い時や不安な時は
お父さんじゃなくて、お母さんを求めて抱きしめてもらおうとします。

少なくともウチの子どもは、そうです。
きっと他の家庭でも、その傾向は強いのではないでしょうか?
 
 
ある幼児教育の第一人者が
インタビュー取材で答えていたのですが

お母さんの役割の中で一番重要なのは「安全基地でいること」
お父さんの役割の中で一番重要なのは「楽しさと喜び、そして世の中を教えること」

と言っていました。

それを見て、妙に納得したんですね!
「そうだよなぁ~」って思ったんです。
  
そして、どっちの役割も大切だけど、
一番重要なのは
「お母さんが子どもにとっての安全基地でいること」
だと思うんです。
  
だからこそ、お父さんは、
「子どもに楽しさと喜びを教えて世の中を教えること」も大切だけど

それ以上に、
「お母さんが子どもにとっての安全基地でいられるためにサポート」
をすることの方が大切なんじゃないかな?
って思うんです。
  
お母さんは24時間、
子育ての中で様々なストレスと戦っています。

・夜中に子どもが夜泣きしたら起きてミルクをあげるのは、ほとんどお母さんです
・人見知りの時期はお母さんがトイレに行っただけでも子供は泣きだします
・家事や洗濯、掃除、人によっては仕事も含めて子育てと両立しなければなりません

もちろん、お母さんは
子育ての中でたくさんの喜びも味わっているでしょうが
お父さんが想像する以上の様々なストレスの中で頑張っているんだと思うんです。
  
でも、安全基地になれるのはお母さんしかいない!

そういう意味では、
お父さんが担うべき大きな役割は、

「お母さんが子どもにとっての安全基地でいられるためにサポート」

だと思うんです!
  
具体的には、
1週間に数時間でもいいので

「お母さんのコンディションを整えることができるための時間」

をお父さんが協力して作ってあげて欲しいと思います。
  
例えば、

・1週間に数時間だけでも、お母さんが自由に外に出掛けられるように協力する
・1週間に1日だけでも、家事をお父さんが担当する

ただ、ここで重要なのは
物理的にお母さんの時間を作ってあげれば良いのではなく

「お父さんが、お母さんの立場に立って考えて、
お母さんの大変さやストレスを深く理解して共感した中で行うこと」
  
だと思うのです。
  
以前のオヤジ日記でも、
男性脳と女性脳の違いについて触れたことがありますが、

私たちお父さんは男性脳が強いですから
「解決さえすれば良し」という発想になりがちですが

女性脳であるお母さんは
「解決してくれることよりも、共感してくれることを望んでいるんです!」
  
お父さんがお母さんの辛さを共感できてない中で、
どれだけ解決してくれようとしても、
お母さんの心は満たされないのです。
  
「共感なくして、満足なし」です!
  
そういう意味では、

子どもにとって一番重要な「お母さんが安全基地でいてくれること」
そのためにも、
「お母さんのコンディションを整えるサポートができること」

そのサポートに必要不可欠な
「お母さんの辛さやストレスに共感できること」

それが出来るお父さんが、
まさに「本物のイクメン」なのではないか?
と僕は思うのです。
  
って、ここまで立派な持論を展開してきましたが、
僕自身、お母さんの辛さやストレスに共感できているか?
と自問したら「はい」とは言い切れない未熟者です。

自分自身に対する自戒の念、
そして、これからの僕自身の誓いを込めて
書かせていただきました!
(あぁ~これを妻が読んだら、もう戻れない~・・・)(笑)
  
俺は共感できる!
たぶんできると思う。
できるんじゃないかな?
まっちょっと期待はしないで~♪

by 関白宣言(さだまさし)のパクリ
    

「オヤジ日記」では、お父さんやお母さんからのご質問、相談、体験談などを募集して
「オヤジ日記」の中で、匿名でご紹介しながら様々な価値観やエピソードを共有していこうと思っています。

・子育てに関する疑問や質問
・夫婦間での相談
・子育てや夫婦間でのエピソード

など、
どしどしお寄せ下さい(^O^)/

全ての方をご紹介するのは難しいかもしれませんが、
出来るだけたくさんご紹介していこうと思っています。

ブログを読むだけでなくて、
皆さんと一緒にコミュニケーションをとりながら
進めていきたいと思っています。

お待ちしています~(^O^)/

→SmileHouseのご意見BOX←

それでは、また次回にお会いしましょう。

オヤジこと小名智之でした。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseの親会社である株式会社Centeringの代表取締役。SmileHouseのブログでは、父親の立場から日々子育てで感じたことをシェアしていく、題して「オヤジ日記」を執筆中。