【トラウマ】トラウマ克服で行き詰まったら・・・?視点を変えるコツ

こんにちは
SmileHouseの妙加です。

トラウマ克服をしていると、行き詰まってしまったり

しんどくなってしまうこともあるでしょう。

そういう時は視点を変えてみたり、捉え方を変えてみると

また違った発見や息抜きになるかもしれません。

今回はトラウマ克服に行き詰まった時に役立つマインドをご紹介します。

【トラウマ】トラウマを克服する4ステップ【セルフワーク】

2019.11.21

行き詰まった時には・・・

トラウマ

トラウマ克服には時間がかかりますし、
うまくいかない時ややめたくなる時があると思います。

「まぁ、別に今のままでも・・・」
という具合にやめてしまう人も多いです。

そんな時は、下記のことも振り返ってみてください。

トラウマにユーモアをプラスする

トラウマ=つらい、苦しい、悲しい

というのは、過去の自分がその出来事に対して
そういう解釈をし、

「とてつもなく深刻に受け止めた結果」でもあるのです。

そのため、今現在の自分が、

その深刻に受け止めている結果に「楽しい演出」を加えてみましょう。

記憶を思い出す時に
PopなBGMを流してみたり、

登場している人物をゆるキャラにしてみたり。

コツは
徹底的にふざけた演出を加えることです。

昔、追いかけられてとても怖い思いをした
という体験があったとして・・・

追いかけてきているのが
某ゆるキャラだったらどうでしょう?

鬼の形相で怒っている相手が
某テーマパークのカチューシャをしている・・・

怒鳴り声がヘリウムガスを吸った声・・・・

というふうに深刻に考えることが
馬鹿馬鹿しいと感じるような演出です。

なんせ、トラウマの大半は
自分の解釈の結果、深刻に受け止めている状態なので

トラウマ克服の特効薬があるとすれば、

こういったおふざけを
楽しむ余裕を持つという気持ちが最良の薬です。

自分は大丈夫だと信じる

これは特に複雑性トラウマを持つ人に
強く持っていてほしい気持ちですが、

トラウマ克服で大切なのは、

「自分に罪はない」
「本来の自分自身に問題があったのではない」

ということをしっかりと知ることです。

どういうことかというと、

  • 自分に何か問題があった
  • こんな自分だから仕方がなかった

という自分を責める思考こそが、トラウマの症状だからです。

災害や事故ではなく、
人との間で作られたトラウマは

相手から

「お前が悪い」(だからお前は裁かれている)
「お前がおかしい」(だから罰せられるんだ)

というメッセージを刷り込まれている状態です。

そういうメッセージを受け取り続ければ、

「自分が悪い」「自分の責任だ」という思考に
なっていくのはそれもまた仕方のないことだったのです。

ですので、自分自身に問題があったのではなく
そういう外部環境や、状況があり、

トラウマになって症状が出ているだけだと
信じることがとても大事です。

トラウマを克服して症状が軽減してくれば、
本来の、ありのままの自分自身が現れてきます。

トラウマ症状がたくさん出ている間は
本来の自分がわからなくなっている状態です。

過去はもう起こらないと信じる

客観的にみて視野を広げると
色々なことに気がつくかもしれません。

自分のせいだと思っていたことが、
実は避けようがなく仕方のなかったことだったかもしれないし、

自分とは全く無関係な理由があったのかもしれません。

逆に、その出来事が今起こったとしても、
今の自分ならもう少しうまく対処できたり、

防ぐことができたり、
逃げることだってできたかもしれません。

幼少期にできたトラウマは特にそうですが、
幼かったから、仕方のなかったことで、

自分自身に非があったわけではなく、

ほとんどが相手の問題に振り回され、
結果、傷ついてできています。

過去の出来事と、自分を責めたり、
罪悪感を感じる気持ちを

しっかり区別して考えることで、
見えてくることがたくさんありますし、トラウマ克服へ繋がります。

過去は過去としっかり割り切る

過去はあった出来事に関しては、
その出来事を体験したこともまた事実ですが、

過去にタイムスリップできない以上、
どんなに願っても過去の出来事は変えることはできません。

私たちは過去に触れることはできませんが、

同じように過去も私たちに触れることはできません。

どういうことかというと、

過去にどんなことがあっても、
私たちは過去とは無関係に生きることができるのです。

つい、

過去の〇〇が影響している、
過去の〇〇をどうにかしないと、と思いがちですが、

それは過去に依存し、

過去にフォーカスが当たっているため
そういう思考になる傾向があるのです。

過去に囚われた状態、トラウマとはそういうことです。

自分のフォーカスを未来に合わせるだけで、
現状はかなり楽になっていきます。

初めは、それが難しくても、
意識して未来目線にし続ければ、

いつか気が付いた時には

〇〇のためにはどう行動していこう
〇〇のようになりたいから〇〇しよう

と、自分の望む未来に向けて活動していく癖がつきます。

同じ経験をした2人がいても、

一方は、

〇〇があったから今うまくいかない、
〇〇をどうにかしなければ

と、過去にフォーカスして過ごす人と、

過去は過去と割り切り、

夢を叶えた自分だったら今〇〇するだろうな
3年後〇〇になる自分だったらこうする

と、未来にフォーカスして行動していく人とでは
全く今の過ごし方や、捉え方、

そしてこの先の未来も変わってきます。

過去にフォーカスする視点も1つの癖ですが、
未来にフォーカスする視点も1つの癖です。

未来にフォーカスする癖をつければ
トラウマ克服はとても楽になります。

過去に囚われすぎず、今を生きながら、
トラウマを克服していきましょう。

自分を定義付けしているなら、それに気づく

確かに、過去にあった体験をずっと引きずっていると
今現在の思考や行動にも影響してきます。

  • 自分は愛されない
  • 世の中は危険だ
  • お金は人を不幸にする
  • 人は信用してはいけない

などなど。

トラウマ体験でこういった
ネガティブな価値観が根付くと、

それが自分自身のセルフイメージになります。

トラウマ体験を克服することにも悪影響ですし、

セルフイメージが低いままだと
トラウマを克服しても過去に囚われた状態から抜け出せません。

この低いセルフイメージや
トラウマ体験に特別感を見出しているからです。

どういうことかというと、

「自分はこんなトラウマを抱えていた」
「自分はこんな体験をしてきた」
「昔ものすごく貧乏な暮らしをしていた」

というのがある種ステータスのようになっていて
特別感を感じている人もいるのです。

ある意味、自分は
特別な存在だと定義付けしてしまっているため、

なかなかプロセスが進みません。

特別であることをまずは手放しましょう。

そういったマイナスな定義づけで自分を特別な存在にしなくとも、

そのまま、ありのままのあなたは十分特別な存在です。

こういった定義付けはとても都合の良い
理由をたくさん作ってくれます。

すごく身近な例だと

血液型占いなどで、自分や人の性格を決めるなどです。

ちょっと細かい部分があれば
「もしかしてA型?」

ちょっとマイペースなところがあれば
「もしかしてB型?」

というようなことです。

これを自分自身にすると、

いつも人目を気にして、協調性を気にして
自分の意見を言えない・・・

だけど私A型だし・・・。

というように
定義付けすると向き合わなくて良くなるのです。

A型だから仕方ない、が結論です。

成績が良くなかったから
「自分は頭が悪い」

仕事で怒られてばかりだから
「自分は仕事ができない」

という風に、外の評価から自分を
定義付けしている人は意外と多いです。

そしてこれの困ったところは、定義付けしていることに

本人が気がついていないことが多いことです。

成績が良くなく、強く叱られ、
その経験がトラウマ記憶として残り、

その時に同時に
自分は頭が悪い人だと定義付けをして

勉強ができるようになる努力はしないまま
「頭が悪い人」として生きる選択をしているのですが、

自分は勉強してもできない人間だ
と自分で定義づけして決めてしまっているのです。

こういう場合、その時のトラウマ記憶を克服しても、
「頭が悪い人」という定義付けはそのまま残ります。

「トラウマを持っていた自分」に縛られてしまうのです。

トラウマを克服しても、

  • 自分は今までこういう体験をしてきたから
  • 自分はいじめられていたから
  • 自分は貧乏だったから

と、過去にフォーカス思考のままになり、
せっかくトラウマを克服しても建設的な人生を造っていけません。

こういう風に私たちは、
他人からの評価やカテゴリーに縛られてしまうと

「うまくいかないのはそれのせい」と
人、環境、状況のせいにしてしまいます。

その状態では本来の力を発揮できません。

自分が自分に対して100%の影響力があるという自覚や
自信がなくなってしまい、

自分のことは自分で変化させていける、
自分の人生は自分が創り出していけると

信じることができなくなるからです。

こういう状態になってくると、

トラウマ克服や、人生を創り出す時に
人に依存していくようになります。

誰かありきの人生、誰かありきでしか
幸せを作り出せなくなってしまうのです。

自分が自分への影響力100%で過ごせていないため、

心の深い部分では

自分一人では幸せになれないと自分を信用していないし、
自分のことを諦めてしまっています。

人に依存するということは、

人次第で自分の人生の幸せが決まる状態であり、
自分の幸福の手綱を他人が握っている状態です。

人は心の豊かさや、

心の成長の度合いなどによって
様々な課題やステージがあると言われているのですが、

この、
「自分には力がないから誰かに依存して生きている状態」というのは

ステージでいうとかなり初期の段階になります。

本当の意味でトラウマを克服し、
自分の幸せや、人生を創り出していくには

この依存状態を抜け出す必要があります。

実は私たちが、本当に幸せを感じるようになるのは、

自分の力で、人生を創り出しているという実感を
感じるようになってからだと言われています。

自分の力で創り出していくステージの先に
本当の自由と、ありのままそのままに

自分を表現し、自己実現していく幸せのステージが待っています。

自己成長のステージまでいけると、どんな過去に対しても、

「あの体験が自分の成長の糧にできた」
と、怒り、悲しみを超えて、

自分には必要な出来事だった、
大事な経験だったと前向きに受け止め、

捉えることができます。

もっと先まで行くと
「そんな過去もあったね(笑)」

というように、
過去には何も影響力がないことを認識し、

自分が創り出す現在の時間を楽しんでいるので
影響力のない過去にわざわざ思いを巡らさなくなっていきます。

これは、意識の問題なので、
自分がどう生きるかを決めるだけです。

そして、未来はどんな過去を持っていても、選べます。

そういった未来を選ぶのなら、

今も大事に持ったままにしている
過去の出来事から作りだした自分の定義づけは置いていきましょう。

過去ではなく、今の自分を抱きしめる。今ここを生きる

トラウマ体験を思い返していると、

「もっと愛されたかった」
「その出来事を知らない自分に戻りたい」
「あのとき、本当は悲しかった」

などなど、様々な記憶が蘇ってくることも
あると思います。

確かに、その過去も自分であり、切り捨ててはいけません。

ですが、切り捨てず、だけれど
こだわらない心を持つことも大事です。

過去にこだわり、
変えられないものを一生懸命にどうにかしようとしている

今この瞬間も、私たちは生きています。

傷ついたり、悲しんだ心を持ったまま
今を一生懸命に生きている

自分自身をほっぽり出して、
過去にばかり目を向けていては本末転倒です。

そういう過去があったけれども、
精一杯生きてきて、そして今も生きている、

現在の自分自身の価値や、心に目を向け、
自分自身をしっかりと抱きしめましょう。

許す決意をする

トラウマが克服できないのは過去の記憶を手放さないまま、

握りしめているからなのですが、

そうしている理由の一つに、

その出来事、人、自分を
許せないというのがあります。

その出来事に関わった人たち、
その出来事が起こった理由、
その出来事の最中の自分自身、

そういったものが許せないから
いつまでもこだわって、手放せないままでいます。

すべてのものには欠点があり、
人は欠点だらけで、未熟で、間違いも
よく起こす存在だという認識が大事です。

つまり、
他人や自分自身の許せない部分を認め、受け入れ、
許し、愛することを決めなくてはいけません。

許し、愛した瞬間にトラウマになっている
許せない出来事から解放され、

過去にとらわれない人生が始まっていきます。

これは、簡単なことではないかもしれません。
それこそすごく時間がかかるかもしれません。

ですが、この許し、愛するという思考は、
トラウマ克服だけでなく、

人生の中でたくさんの幸せを運んでくれる
素晴らしいマインドです。

まとめ

トラウマ克服は、コツコツ、だけど深刻に考えすぎず

未来に視点を置くことが重要です。

どれだけ思い返しても、過去の出来事を変えることはできませんが、

捉え方を変え、結果的に自分の過去を変えることは可能です。

過去は全て自分の解釈で成り立っています。

その解釈を今の自分の糧になるよう変えていくのがトラウマ克服です。

Smile Houseからのお知らせ

【月額980円】天才を生み出す子育てレシピ【e-ラーニング】

Smile Houseの全てのノウハウを詰め込んだ動画見放題の通信講座

  • モンテッソーリ教育の理論
  • 提示
  • 子育てに役立つ心理学
  • お悩み相談

の4つのジャンルで毎月配信中!
子どもの可能性を開花する条件と要素を動画で詳しく解説します。

ママ向けサポートコミュニティ
『子育てカフェ』

子育てお役立ちコラム配信(週1回)
リアルタイムオンラインセミナー(月1回)
代表が動画で質問に回答(不定期)
※配信周期は変更の可能性があります

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪