おうちdeモンテッソーリアン養成コースのご案内

こんにちは!小名由美子です。

突然ですが、私は4年前に、
ものすごい教育法
と出会ってしまいました!

その教育法と出会って、
中学校の教員だった私が
それまでの約20年間ずっと持っていた

価値観、子どもの見方、とらえ方
がガラガラと崩れ去り、

私の子育てと人生が変わった!
と言っても過言ではありません。


それ以前の私は
当時1歳になったばかりの長男の
子育てで日々悩んでいました。

・子どもの能力を伸ばすためには、どういう教育をしてあげたらよいだろう?
・子どもの今の行動にどう対応したらよいのかわからない。
・子どもにどんな関わり方をすればよいのだろう?
・どの情報を信じたらよいのかわからない。
・自分の子育てがこれでよいのか不安。

中学校の教員として、
子どもたちの成長に
関わらせていただいていたとはいえ、
初めての子育てでわからないことだらけ。

もっと言うと、
沢山の中学生やそのお母様たちと
関わらせていただいて、

子どもたちがその能力を開花させることの難しさ、
子育ての難しさを感じていただけに、

よい子育てをしなければ子どもを不幸にしてしまう
という怖さや責任感の重さも感じていました。

当時の私は、
いろいろな教材を試したり、
幼児教室に通ってみたりしましたが、
どれもなんとなくしっくり来ず、、、

そうしているうちに、
決定的な出来事が起こったのです。

ちょうど長男が1歳になった頃、
当時通っていたいわゆる一般的な早期教育の幼児教室で、

講師の先生が前で一斉に授業をしている中、
長男はじっと椅子に座らず、
ウロウロ歩きまわる様子が見られるようになったのです。

私は、今、歩きたいんだろうなと思う反面、
ほかの子どもさんたちに迷惑を掛けるかなと
(正直に言うと、ほかのお母様たちの目が気になったこともあり)

無理やり座らせようとしたり、
うちの子どもは集中力がないのかなと
密かに心配になったりしていました。

でも!よく観察していると、

そんな長男も
自分が今興味があることをやっているときには
椅子に座って集中してやっているのです。

どうしてそういったことが起こるのか、
子どものその時その時にどう対応すればよいのか。

当時、様々な教育方法を調べたり
書籍を読み漁っていた私は、
その答えを導いてくれる教育方法についに出会ったのです!!

このすごい教育方法を知ることで、
これまでの悩みや疑問はすっきり解決し、
それからというもの、

私は日々子どもの姿に喜びや面白さ、
感動を感じるようになり、
自分で判断し考えて、
子どもの能力を伸ばしてあげられる
適切な関わりができるようになったのです。

もし、あなたが子どもの能力を伸ばし、
幸せなお母さんになる方法を知りたいと思われるなら、
その秘密を書いたので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

これを読むだけでも、
あなたの子育てと人生にとって
大きなヒントになるものがあるはずです!

この言葉は、
私が出会ったものすごい教育方法「モンテッソーリ教育」の創始者、
マリア・モンテッソーリの言葉です。

マリア・モンテッソーリが、
学生から「子どもにとって一番よい環境とはどんな環境ですか?」
と聞かれて答えた言葉です。

そして、この言葉には続きがあります。
「だって、子どもの発達を邪魔する大人が誰もいませんからね。」

この言葉を知った時の衝撃は今でも忘れられません。

私はそれまでの約20年間の教員生活も含め、
子どもが成長するためによかれと思うことを精一杯やってきました。

「子どもの発達を邪魔する大人」って!!

確かに、残念ながら虐待やネグレクトは増えていて、
過酷な状況に置かれ発達を妨げられている子どもたちはいます。

しかし、ここでマリア・モンテッソーリが伝えているのは、

・一見愛情深そうに見えて、子どもを管理し、子どもに自分の価値観を押し付ける大人、
・自由という言葉のもとに子どもを放置する大人

のことなのです。

私たち大人は無意識で、
子どもはできないからやってあげないといけない。
教えてあげないといけない
と思いがちです。

そして、私たち大人は、
子どもにとってよかれと思って、
ついつい言ってしまうことや、
やってしまうことがあります。

例えば、
「〜しなさい。」「〜はだめ。」「すごいね〜(パチパチパチ)。」
着る服もお母さんが決めて、遊ぶ玩具もお母さんが決める。【管理型】

これでは、
子どもの主体性は育たず、受身で消極的な子どもが育ちます。

そして、
褒められるためにやる子どもが育ったり、
ゆくゆくは何かあると「お母さんが言ったのに」と、
お母さんのせいにする子どもが育ったりします。

また、逆に、
個性を尊重して自由にやらせますということで、
実はやりたい放題なのを見過ごす、
あるいはどこまでオーケーにしたらよいかがわからない
ということもあるかもしれません。【放任型】

しかし、それでは、
無秩序で自分勝手で粗雑な子どもが育ちます。

でもここでご紹介した関わり方って、
子育てあるあるではないでしょうか?

実際に、
経営する幼児教室に通ってくださっている
お母様たちのご質問で多いご質問ベスト3は、

「ほめる方がよいのでしょうか」
「どこまで見守ってどこからしかった方がよいのかがわかりません」
「今の月齢ではどんなことを家でやってあげたらよいのでしょうか」

といったことです。

お母様たちが、お子様への関わり方に悩まれ、
お子さんの環境を良くしたいと思う一生懸命な気持ちが伝わってきます。

だからこそ、お伝えしたいのですが、
まずは、お母様たちに一番最初にマインドセットしていただきたいことは、

「子どもには自分自身で育つ力が備わっている」ということです。
その「子どもの力を信じる」ということです。

大人が教えてあげなくても、
大人がやってあげなくても、
子どもは自分の力でできるようになります。

ただ、そのためにもう一つとても重要なことは、
そこに「子どもの発達に合った環境がある」ということです。

そして、
その環境を整えることこそが、私たち大人の最も重要な役割なのです。

 

子どもの能力を伸ばすためには
「子どもの発達に合った環境がある」
ことが重要なわけですが、

じゃあ、
「子どもの発達に合った環境ってどんな環境?」
「どうやって整えたらよいの?」
ということになると思います。

この時に役立つのが、
モンテッソーリ教育の知識です。

実は、先ほどの
「子どもには自分自身で育つ力が備わっている」
という考え方も

モンテソーリ教育の中の、
子どもには「自己教育力」があるという考え方ですが、

その知識を得て、

・大人が、子どもに教え込んだり、何でもやってあげることをやめる
・子どもを何もできない人間と見るのではなくて、むしろ既にパーフェクトなのだと捉える
・生まれたときから一人の人間として尊重するというスタンスで関わる

ということをするだけで、
子どもは本来持つ「自己教育力」を発揮するチャンスが増えます!!

そして、モンテッソーリ教育の言葉でいう
「子どもの敏感期に合った環境」についての知識を得て、

お母様が子どものその時の発達に合った環境を整えてあげれば、
子どもは自分の力で、その能力を開花させていきます!!

更に、モンテッソーリ教育のカギとも言われる
「集中現象」についての知識を得れば、

子どもが本当の意味での自立、全人格的な成長へと向かっていきます!!

お母さんが、子育ての正しい知識を知って、
時期を逃さず、子どもに正しい関わり方をすることで、
子どもは大人の想像をはるかに超えた創造性に満ちた力を発揮していきます!!


そして、子どもは、

身体的に発達し(運動器官の巧緻性、器用さ、身のこなしのよさなど)
知的に発達し(観察力、注意力が増し、深い知識、高い技能が身につき)
感情的に発達し(自信や忍耐心が見られ、情緒が安定)
社会的に発達する(他人への親切と愛情、相互協力と奉仕の心かが育ち、規律と秩序を重んじ、従順さが養われる)
といった、 全人格的な成長が見られるのです。

 

私は、モンテッソーリ教育は、
子どもの能力を伸ばす素晴らしい教育方法だと思っています。

でも、そのメソッド以上に共感しているのが、
マリア・モンテッソーリの

「新しい、よりよい人間」を育てる
(「自己確立」がなされた人間)

「平和は、政治やイデオロギーではなく、
教育によってのみ達成することができる」

(自立した人間と自立した人間が
協調して健全な社会(平和)を構築する)

という思想であり、哲学です。

今回の新型コロナウイルスの影響もあって、
これまでの社会が急速に大きく変わりつつあることは確実です。

これからどんな世の中になるのだろう?
ましてや、子どもたちの生きていく時代は?

確かに、
お母様たちに、
モンテッソーリ教育を知っていただいて
子育てに生かしていただいていくことで、

子どもたちが、
この変化の激しい不安定で不確実な時代を
生き抜いていける力をつけていける可能性は
かなり高くなると思います。

でも、
今回のコロナ危機で感じるのは、
私たちは、さらに大きなところを
見ていかなければならないのではないかなということです。

私たちは環境や人との関係性の中で生きています。

例えば、
中国で発生したと言われるウイルスの影響を
全世界が受けていますし、

多くの会社の経営が困難になって日本経済が落ち込むと、
もちろん家計にも影響してきます。

人々が不安や恐怖に襲われると、
全体に伝播し蔓延していきます。

新型コロナウイルスの影響も、
これからの方が深刻だと言われています。

そんな時代だからこそ、
私たちは、自己を確立したうえで、
支え合い、共により良い世の中を創っていくことが
本当に必要になっていると思うのです。

私は、今、
子育てを通して
また、お仕事させていただいていることを通して、

大切に想い合える人たちと、
それぞれが自分らしく輝き、
輝かせ合える社会を創っていきたい。

と思っています。

だからこそ、この講座も、
この想いに賛同していただける方に集まっていただいて、

一緒に学び、実践して、
まずは、私たち自身が自分らしく生き、
これからの時代を生きていく子どもたちを育て、
よりよい社会を創っていきたい!!

と思っています。

そんなコミュニティを創っていけたらと考えています。

約100年前、
マリア・モンテッソーリは、

教育界に革命を起こしました。

そのモンテッソーリ教育の理論を学びながら、
自分の人生と大切な人の人生、そしてこの社会を
一緒に本気で良くしていきましょう!!

① モンテッソーリアン養成プログラム

まず、モンテッソーリアンという言葉をご説明しておきますね。
モンテッソーリアンとは、
子どもの成長に貢献できるスタンスとスキルを持った人です。

以下のカリキュラムで、
モンテッソーリ教育の理論と実践を学びながら、
お母さん自身の子育てのスタンスを明確にしていきます。

単に、やり方を学ぶのではなく、
お母さん自身がどういう子育てをしたいのか、
モンテッソーリ教育をどう活かすのかという視点で、
自分の子育ての軸を創っていただきたいと思っています。

期間は、
・0〜3歳コースは2ヶ月
・3〜6歳コースは4ヶ月
とできるだけコンパクトにまとめました。

もう少しじっくりと時間をかけてやりたい思いもありましたが、
何よりもお子様の敏感期を逃したくないので、
できるだけ最短で本当に必要なことをお伝えし、

その基本がわかればあとは日々の中で、
お母さん自身が自分で考えて取り組んでいける
というところを目指します。

また、人数も今回は10名限定としました。
少人数で、濃い関係性のコミュニティを創れたらと考えています。

この講座に参加したことをきっかけに、
今後ずっと関わり合っていきたいと思えるような
関係性が生まれることを楽しみにしております。

■0~3歳 養成コース
2ヶ月(毎週2時間×8回) [10名限定]

・zoomを使っての講義形式
・音声機能やチャット機能を使っての参加者同士のシェアや講師への質疑応答
・開催後、テキストと収録動画の配信

〈内容〉
*参加者のみなさんのニーズや進行状況によって、多少変更する場合もあります。
①これからの時代に必要な子どもの力を引き出すモンテッソーリ教育
②子どもの力を引き出せるお母さんになるために必要なこと
③子どもの天才性が開花する唯一の時期「敏感期1」
④子どもの天才性が開花する唯一の時期「敏感期2」
⑤思考力やコミュニケーション力の土台を築く「言語教育」
⑥本物の自立を手に入れるための「日常生活の練習」
⑦知性の発達の基礎になる「感覚教育」
⑧お母さんがモンテッソーリアンになるための12か条

〈開催日〉2020年6月03日~2020年7月20日(全8回)(一期生は募集終了しました)

第1回 6月03日(水) 10時~12時
第2回 6月10日(水) 10時~12時
第3回 6月15日(月) 10時~12時
第4回 6月22日(月) 10時~12時
第5回 6月29日(月) 10時~12時
第6回 7月06日(月) 10時~12時
第7回 7月13日(月) 10時~12時
第8回 7月20日(月) 10時~12時

*ご参加できない日程があっても大丈夫です。
後で当日のテキストと収録動画をお送りします。
また、途中参加、途中退出も大丈夫です。
お子様がそばにいて声が気になる場合は、発言される時以外は音声をミュートにしてご参加ください。

■3~6歳 養成コース
4ヶ月(毎週2時間×16回) [10名限定]

・zoomを使っての講義形式
・音声機能やチャット機能を使っての参加者同士のシェアや講師への質疑応答
・開催後、テキストと収録動画の配信

〈内容〉
*参加者のみなさんのニーズや進行状況によって、多少変更する場合もあります。
①これからの時代に必要な子どもの力を引き出すモンテッソーリ教育
②子どもの力を引き出せるお母さんになるために必要なこと
③子どもの天才性が開花する唯一の時期「敏感期1」
④子どもの天才性が開花する唯一の時期「敏感期2」
⑤お母さんがモンテッソーリアンになるための12か条
⑥子どもと環境を結びつける「提示」
⑦自立心や独立心を育む「日常生活の練習①」
⑧自立心や独立心を育む「日常生活の練習②」
⑨知的教育分野(五教科)の土台となる「感覚教育①」
⑩知的教育分野(五教科)の土台となる「感覚教育②」
⑪表現力や人間性を伸ばす「言語教育①」
⑫表現力や人間性を伸ばす「言語教育②」
⑬数の世界の本質を学ぶ「算数教育①」
⑭数の世界の本質を学ぶ「算数教育②」
⑮心にたくさんの種をまく「文化教育」
⑯小学校で活かすモンテッソーリ教育

〈開催日〉2020年6月03日~2020年9月14日(全16回)(一期生は募集終了しました)

第1回 6月03日(水) 14時~16時
第2回 6月10日(水) 14時~16時
第3回 6月15日(月) 14時~16時
第4回 6月22日(月) 14時~16時
第5回 6月29日(月) 14時~16時
第6回 7月06日(月) 14時~16時
第7回 7月13日(月) 14時~16時
第8回 7月20日(月) 14時~16時
第9回 7月27日(月) 14時~16時
第10回 8月03日(月) 14時~16時
第11回 8月10日(月) 14時~16時
第12回 8月17日(月) 14時~16時
第13回 8月24日(月) 14時~16時
第14回 8月31日(月) 14時~16時
第15回 9月07日(月) 14時~16時
第16回 9月14日(月) 14時~16時

*ご参加できない日程があっても大丈夫です。
後で当日のテキストと収録動画をお送りします。
また、途中参加、途中退出も大丈夫です。
お子様がそばにいて声が気になる場合は、発言される時以外は音声をミュートにしてご参加ください。

② 補助教材のダウンロード

実際におうちでモンテッソーリ教育を実践していただくうえで使っていただける補助教材をダウンロードしていただけます。

環境に設定する際のポイント(お子さんの月齢や置き方など)や使い方は、講義の中で随時お伝えしていきます。

〈内容〉*一部変更することもあります。
■0〜3歳コース
【日常生活の練習】
・のり貼りの台紙(絵柄)
・はさみで切る紙(1回切り)
【言語教育】
・絵カード(遊具)
・絵カード(カトラリー)
・絵カード(身の回りのもの)
・絵カード(動物)
・絵カード(野菜)

■3〜6歳コース
【日常生活の練習】
・のり貼りの台紙(形)
・はさみで切る紙(絵柄)
【感覚教育】
・ピンクタワーバリエーションカード
・茶色の階段バリエーションカード
・色つき円柱バリエーションカード
【言語教育】
・絵カード(果物)
・絵カード(動物)
・移動五十音のカード
・市松模様の紙
・特殊音節のカード
【算数教育】
・幾何学立体カード
・幾何学立体展開図
・二項式・三項式台紙
・砂数字板用数字
・数字カード1~9000
・ミニ算数棒カード
・数字カード1-10
・色ビーズの色ぬりプリント
【文化教育】
・絵カード(ちょう)
・絵カード(太陽系)
・絵カード(虫の変態)

③ 提示の動画を随時配信!

モンテッソーリ教育では、大人の役割が大きく2つあります。
子どもの敏感期に合った環境を設定することと提示をして子どもと環境の橋渡しをすることです。
おうちでモンテッソーリ教具のある環境を設定しても、子どもがその使い方が分からなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。
また、お母さんが教具の特性や提示のポイントを知ることで、子どもの成長や活動を系統的に捉えられるようになります。
お子様の敏感期に合わせて、提示の動画も是非ご活用ください。

④ モンテッソーリ教育 × 心理学 × 脳科学 の動画を配信!

モンテッソーリ教育は、マリア・モンテッソーリが子どもを観察し、仮説と検証を繰り返した研究から生み出された科学的な教育方法です。その正しさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などによって証明されています。
モンテッソーリ教育を深く理解し実践するうえで知っておいていただきたい心理学や脳科学の知識を動画でわかりやすくお伝えします。

⑤ 参加者限定のグループを作成

参加者同士が日常も交流できるように、
Facebookのグループを作成します。

ふだん子育てをしていて感じたことや困ったことをシェアし合って、
サポートし合ったり、お子さんに提供した活動を紹介し合って、
みんなでアイディアを共有できればと思います。

講座終了後も、
つながり合う場として活用していただけたらと思います。

今回の講座は、
0歳〜3歳コースが毎週2時間✕8回
3歳〜6歳コースが毎週2時間✕16回で、

モンテッソーリ教育の幼児教室を主宰している私、小名由美子が直接モンテッソーリ教育の思想、理論や実践についてお伝えするものです。

モンテッソーリ教育についての専門性の高さはもちろんですが、

これまでの私の教員生活、カウンセラー、セラピスト、メンタルトレーナー、企業研修講師の経験、

心理学、脳科学、ヨガ、古神道などから学んだ知識や知恵も取り入れながら、

多角的にプログラムを組んでいますし、補足のコンテンツも配信いたします。

自力で、これと同じ内容を学ぼうと思ったら、
それこそ膨大な時間とお金がかかると思います。

実際私は、この約20年で、膨大な時間とお金をかけてきました(笑)

また、直接の講義だけではなく、とにかくお母さんが日々、お子様に対してしっかりと実践できることを大切にしたいと考え、補助教材も充実させました。

十分に活用していただけたら、一生モノの子育てについての実践力を身につけていただけるボリュームと質になっています。

そして、今回のこのコミュニティは、子育てを通して、お母様自身の生き方の軸を定め、一緒に磨き合い、よりよい社会を創っていく仲間を創るコミュニティでもあります。

是非、そんな仲間との出会いの場とも捉えていただけたらと思います。

そう考えると正直値段はつけにくいのですが、、、

この講座は、お母様が家計の中からでも参加できる金額、
でもやはり本気で自分や自分の子育て、そして世の中を変えていくとコミットする金額を考えてみて設定いたしました。

0歳〜3歳コースが毎週2時間✕8回(2ヶ月)で、11万円(消費税込み)
3歳〜6歳コースが毎週2時間✕16回(4ヶ月)で、22万円(消費税込み)

です。

とは言ってももちろん
簡単に払える金額ではないことはよく理解しています。
せっかく申し込んだとしても、

万が一自分に合わなかったら、全く役に立たなかったらどうしようと
不安を感じているかもしれません。

また、私のことをよく知らないという方もいるかもしれません。

そこで、ご質問のある方は、
お申し込み前にオンライン(zoom)もしくはお電話にて、
私、小名由美子が直接ご相談をお受けいたします。(15分程度)
弊社HPより、公式LINE子育てカフェに登録の上、
「相談希望」とご連絡ください。

 

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

長くなりましたが、

最後に、私がこの講座を通じてこれから実現したい夢をお伝えさせてください。

私は、これまでの半分くらいの人生は、自分の負けず嫌いの性格から、
人に勝つこと、自分の理想を実現することのみを追求して生きてきました。

その結果、得られた成果や実績もたくさんあります。

でも、その頃は孤独で、ともすれば周りはみなライバルという感覚でした。

ところが、主人と出会い、仲間と出会い、そして、子どもを授かったことで、
私は分かち合う幸せを知りました。
今、自分の人生が本当に豊かになってきていると感じています。

今回のコロナ危機で、
いろいろな不安や恐れが蔓延しています。

日本の国が今後どういう方向に進んでいくのか
そして、一人ひとりが自分の人生をどう生きていくのか
周りの人や環境とどう共存していくのか
を見つめる時がきていると思います。

そんな時代だからこそ、
「どういう自分で、どういう人と、どういう関わりをしていくか?」

が重要になってくると思います。

子どもを育てるという大きな仕事と向き合うお母さん同士がつながり、

一人ひとりのお母さんが仲間と一緒に自分と向き合い、

子どもが「自分の能力を開花させて、一人の人間となる」
その土台を創るサポートをして、
子育てを通してお母さん自身も成長・進化していく

そんなお母さんと子どもの人生が輝く子育てを
サポートさせていただけたら嬉しいです。

ご縁をいただいたみなさんと、
子育ての喜びや感動を分かち合いながら

自分の人生、大切な人の人生、そして社会を
豊かに創っていけたらと思っています。

みなさんとそんな仲間になれることを楽しみにしています!!

 

お申し込みはこちら(SmileHouse公式LINE)から

※公式LINEに登録後、オンライン講座の申込ボタンがございます。
※「既にSmileHouseのLINE公式アカウント(LINE@)にご登録の方は、LINE画面下の「オンライン講座の申込み」のボタンを押して申込み手続きにお進みください」