ノロウイルスの症状と予防法!原因を知ってバッチリ対策

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

ノロウイルス感染症は年中発症しますが、特に多いのが冬季。

食品がノロウイルスに汚染され発症するケースが多いですが、感染力が強く二次感染で拡大しやすい感染症です。

今回はノロウイルスの症状・感染経路・原因・予防法をまとめました。

ノロウイルスの症状と潜伏期間

ノロウイルス症状

ノロウイルスの潜伏期間(観戦してから発症するまでの期間)は24時間〜48時間。

そのあと、突発性の発熱・嘔吐・吐き気・腹痛・水溶性の下痢を引き起こします。

ノロウイルスが原因の感染性胃腸炎や食中毒は年中発生していますが、特に流行するのは冬です。

健康な成人は軽症で回復しますが、乳幼児や老人は重症化することがあるので注意が必要。

症状は突発的に現れるので、トイレまで間に合わずに嘔吐してしまい、吐瀉物に含まれている菌から二次感染が起こりやすいのが特徴です。

水溶性の下痢は通常は2、3回で治るので、下痢止めは使わずに出し切ってしまいましょう。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルス感染経路

ノロウイルスは主に経口感染で広がる

ノロウイルスの経口感染が考えられるのは、下記のような場面です。

■ノロウイルスが大量に含まれている便や吐瀉物から手を介して二次感染

■家族や共同生活施設内といった人同時の接触が多い環境で、ヒトからヒトへの飛沫感染(くしゃみ・咳など)

■食品管理者(飲食店の調理従事者・家庭でご飯をつくる人・食品製造に従事している人など)が感染していて、食品が汚染された場合

■ノロウイルスを保有している二枚貝を、生or加熱不十分な状態で食べる

■ノロウイルスに汚染された水を消毒不十分で飲んだ場合

ノロウイルスの感染経路は多様なので、一人が発症すると予防が難しく、集団感染や集団食中毒の原因になります。

症状が出ない【不顕性感染】に気をつけること

ノロウイルスに観戦していても、症状が出ない人もいます。

その状態でも便のなかにウイルスを排出しているので注意が必要です。

無自覚なまま感染源になってしまうので特に、食品に関わる人は要注意。

ノロウイルスの原因は?

ノロウイルス原因
ノロウイルス に汚染された食品を食べると食中毒を起こしますが、実は食品からウイルスを検出するのは難しいので70%以上は原因の食品が特定できません。

理由は、ノロウイルスに感染した食品管理者から、様々な食品にウイルス感染して汚染されるから。

ですが、中にはノロウイルスが原因の食中毒を起こしやすい食品もあり、その一つが牡蠣を含む二枚貝です。

なぜ二枚貝はノロウイルスに汚染されている?

二枚貝は海水を吸い込み、その中にいるプランクトンをこしとって食べて、残った海水を体外に排出しています。

この海水の中にノロウイルスが含まれていて、牡蠣やアサリなどの二枚貝の体内に蓄積していきます。

海水にノロウイルスが含まれるのは、人が出した下水にノロウイルスが含まれていて、川から海へ流れているからです。

ちなみに、ノロウイルスを持っているのは餌を食べる時に海水ごと吸い込む二枚貝だけで、サザエのような巻貝は海藻を食べるのでノロウイルスを持っていません。

二枚貝を食べる時に気をつけること

ノロウイルスに汚染されている可能性があるので、二枚貝を食べる時はしっかり加熱をすること。

少なくとも85℃〜90℃で2分以上加熱しましょう。

うっかりしがちなのが、調理に使った器具にもノロウイルスは付着する点。

調理した後、熱湯消毒や塩素消毒をして二次感染で食中毒を起こさないように対策することが大切です。

生食用牡蠣と加熱用牡蠣はなにがちがう?

スーパーの牡蠣は生食用と加熱用がありますが、この2つの違いは海域・菌の数・洗浄方法です。

実は鮮度の違いではないんですね。

生食用の牡蠣は

・河口から離れていて下水の影響を受けにくいキレイな海域

・水揚げ後に砂出し、洗浄、殺菌といった処理が徹底されている

・牡蠣に付着している細菌・大腸菌・腸炎ビブリオ菌の数をクリアしている

ことが条件で、加熱用に比べると安全性は高くなっています。

ですが、生食用の基準をクリアしている牡蠣を食べてノロウイルス感染症になる人もいます。

ノロウイルスの薬

ノロウイルス薬
実は、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はまだないので、治療は対症療法が主です。

脱水症状にならないよう水分補給や点滴をおこないます。

下痢止めを飲むと、ウイルスが腸内にとどってしまい逆に病気の回復が遅れてしまうケースがあるので気をつけましょう。

ノロウイルスに効果的な消毒

ノロウイルスにはアルコールは効かないとされ、効果的なのは塩素系の消毒です。

県や国の衛生指導は次亜塩素酸イオン消毒を使うように指導されています。

【消毒液とノロウイルスへの効果】

■イマイチ

エタノール

■効果あり

次亜塩素酸イオン

イソジン(ヨウ素系のもの)

強酸性水

二酸化塩素

ノロウイルスの予防方法

ノロウイルス予防
ノロウイルスは効果的な治療薬がない分、まずは感染しないようにすることが大事で、もし感染者が出てしまった場合は二次感染を防ぐことです。

ノロウイルスの二次感染を防ぐ

ノロウイルスは感染者の便・吐瀉物にたくさん含まれるので、絶対に触らないこと。

片付けるときは必ず手袋とマスクを着用してください。

二次感染を防ぐ方法は下記の3つです。

■感染者・非感染者ともに、食事の前とトイレの後は手洗いとうがいを徹底する

■下痢・嘔吐の症状がある間は、食品を扱わない

■感染者に接するときは、便と吐瀉物の適切な処理方法を知っておく

手洗いをしっかりとする

手洗いはノロウイルスを減らす最も効果的な方法なので、手はこまめに洗いましょう。

調理前、食事提供時、食前、トイレ後、感染者の汚物処理後は必ず洗ってください。

石鹸はノロウイルスに効果はありませんが、手垢や皮脂汚れを落とすとウイルスもはがれやすくなります。

手が洗えない状況の時はエタノールを携帯しておき、消毒だけでもしておきましょう。

調理器具を殺菌する

ノロウイルスを殺菌するには、次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。
(次亜塩素酸ナトリウムを含んでいる塩素系の漂白剤でもOK)

調理器具は洗剤で洗ってから次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭いてください。

まな板や包丁、ふきん、食器類などは熱湯消毒も効果的です。

特に、二枚貝を調理した後は徹底して殺菌か熱湯消毒をするか、二枚貝用に調理器具を用意しましょう。

汚物処理を適切におこなう

ノロウイルスは主に小腸で増殖するので、便と嘔吐物どちらにも大量のウイルスが排出され、感染源になります。

嘔吐物が付着してから10日以上たったカーペットから感染した例もあり、感染力の強いウイルスなのできちんと処理をしましょう。

ノロウイルスは乾燥すると空中に舞いやすくなるので、乾かないうちに処理してしっかりと換気することも大事なポイントです。

床に飛び散った場合は、マスクと手袋をつけて便や嘔吐物をペーパータオルやティッシュで拭き取り、次亜塩素酸ナトリウムを床に浸して水拭きしましょう。

オムツや拭き取りに使ったタオルはビニール袋に入れて密閉しておくこと。

ビニール袋に入れた汚物が浸るぐらいの次亜塩素酸ナトリウムを入れるとより良い処理になります。

汚物が布団や衣類についた場合の処理

衣類に汚物がついてしまった場合は、ほかの衣類とはわけてつけ置き洗いましょう。

もみ洗いの時に水しぶきがかからないように注意すること。

下洗いした衣類は、85℃以上のお湯で洗濯するのが正しい方法です。

熱水洗濯できない場合は、次亜塩素酸ナトリウムで消毒して十分にすすいでください。

高音の乾燥機は殺菌効果があるのでオススメ。

布団はすぐに洗濯できないと思うので、乾燥させてスチームアイロンや布団乾燥機を使いましょう。

ノロウイルスは予防と二次感染を防ぐことが大事

ノロウイルス感染症の多くは食品からの経口感染と、感染者の汚物に含まれる菌から飛沫感染で拡大していきます。

ウイルスはしっかりと加熱すれば殺菌できるので、食品は中まで火を通すこと。

また、調理器具の消毒をしっかりとおこないましょう。(特に二枚貝に注意)

感染者と接する時はマスクと手袋をし、汚物は速やかに処理して二次感染を防ぐこと。

きちんと予防をして、二次感染を防ぐことがノロウイルス感染症では大事なので覚えておいてくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪