モンテッソーリ 教育。月齢別の発達【胎児期〜0歳】

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

モンテッソーリ教育の解説、
今回は各月齢の発達の特徴についてお話しします。

子どもの成長は1人1人違いますが、
おおよその目安として知っておくと

今、自分の子どもに現れている発達の課題は何なのか?
子どもは今、何を成し遂げようとしているのか?

というようなことを察しやすくなり、
適切な環境を整えやすくなります。

今回は胎児期〜0歳の発達の特徴について
お話ししていきます。

胎児期の発達について

胎児期

遺伝子の役割

多くの人がアサガオを育てたことがあると思うので
例に出しますが、

種をまいて水をあげれば、芽を出し、双葉の後に本葉を出し、
そして花を咲かせて、実を実らせますよね。

私たちが芽の出し方、双葉の次は本場で、
その後に花を咲かせ・・・なんて教えないですよね(笑)

アサガオは誰に教えられることなく
自らこのような成長をしていきます。

なぜかというと、アサガオ自身が
「自分はどのように育てっていけば良いのか?」を知っているのです。

知っていると言っても、人間の様に脳を使って考えて
知っているわけではありません。

どんな生き物も、自分の育ちの道筋を「遺伝子」で
知っているのです。

遺伝子の中には1つの種から(人の場合受精卵から)
大人の形になっていくための道筋が書き込まれています。

それが遺伝子の役割です。

お腹の中の赤ちゃんも遺伝子の働きによって、
お母さんや周りの大人に教えてもらわなくても

自分自身で自分自身を伸ばしていきます。

胎児期の発達

吸啜(きゅうてつ)運動

赤ちゃんに初めておっぱいをあげた時、
乳首を口に含んでモグモグとしたと思います。

何気ない動作、当たり前の様なことに感じますが、
実はこれはすごいことなのです。

私たち人間は、どういう動き、運動であっても
練習しなくてはできません。

「初めておっぱいを飲むときに口をモグモグと動かした」

ということは、その動きを練習していたということです。

赤ちゃんは生まれる前はお母さんのお腹の中にいるわけですから、
お腹にいる間に練習しているんですね。

赤ちゃんは、受精後4ヶ月ぐらいから
おっぱいを吸う練習を初めています。

おっぱいを吸い出す運動を「吸啜運動」と言うのですが
この練習を一生懸命にしています。

お腹の中に乳首はないので、乳首に似たもの、
自分の親指をしゃぶって吸啜の練習をしています。

赤ちゃんは、生まれた後で吸啜ができなければ
生きていけない事を知っているんですね。

嚥下(えんげ)運動

吸啜して吸い出したおっぱいを飲み込む事、
これも生まれた後すぐに出来ないと生きていくことはできません。

ごっくんと飲み込むことを「嚥下運動」と言います。

この飲み込むという運動もとても難しいので
お腹の中で練習します。

お腹の中にミルクはないので、その代わりに
羊水を飲み込んで喉から胃に流し込んでおっぱいを飲む練習をしています。

お腹の中にいる間はお母さんの胎盤とへその緒を通して
栄養をもらっているため、自ら栄養を摂取する必要はありません。

ですが、赤ちゃんは、お腹の中から出た後は今の栄養摂取の方法ではなく、
自力で食べ物を摂り、栄養を得なければいけない事を知っているため、

そのときに備えて練習しているのです。

呼吸運動

赤ちゃんにはもう一つ生きていくためにすぐに出来なければいけない
大切な運動があります。

それが「呼吸運動」です。

生まれて産声をあげた瞬間から呼吸を始めて、
私たちは死ぬまで呼吸運動を続けます。

呼吸は何気なく、当たり前の様にしていますが、
呼吸は筋肉を使う運動で、これも練習をしないとできる様にはなりません。

お腹の中には空気はないので、空気の代わりに羊水を肺に吸い込んで
吐き出すという繰り返しで練習をしています。

生まれる時期が近づいてくると見られる発達

生まれる日が近づいてくると、

・お腹の中に比べ、外は寒いため皮下脂肪を蓄える
・外の世界には菌がたくさんあるため、免疫物質をお母さんからもらう

という変化を見せるようになります。

免疫物質は抗体とも呼ばれ、
体の中に菌が入ってきてしまった場合に

自分を守るためにたたかってくれる物質です。

主にお母さんから渡される免疫物質は2種類あります。

・IgG(生まれる前に血液を通して渡される)
・IgA(生まれた後に母乳を通して渡される)

私たちが血液中に持っている免疫物質の中で

IgGと呼ばれる抗体は生まれる前の胎盤とへその緒を通した
血液からしかもらうことができません。

生まれた後に渡すIgAという抗体はおっぱいを介して渡されます。

まだ生まれていない胎児期の頃から、
すでに赤ちゃんは色々な事をしています。

自己教育力は胎児期の段階から発揮されています。
生まれてきた赤ちゃんは実はとてもたくましく生きているんですね。

赤ちゃんが安心して自己教育力を発揮しながら過ごすことが
できるように、お母さん自身はできるだけストレスなく過ごすことが
大切です。

0歳児の発達

0歳児

環境に対する基本的信頼感

赤ちゃんが胎児期の時に過ごしていた環境と
生まれてきた後の環境は大きく異なります。

胎児期はお母さんのお腹の中で包み込まれていましたが、
生まれてくると、物理的にお母さんとは離れてしまいますよね。

この大きな変化のストレスを和らげるために、
「母子共生期」という2ヶ月間が必要になります。

具体的には、できるだけ赤ちゃんを抱きしめて
密着して過ごします。

お腹の中にいた状態と離れた状態の間をつないでいく
イメージです。

呼吸や栄養もお母さんの栄養に頼っていた状態から
自力でしなければならなくなったという

不安やストレスをお世話をすることで和らげてあげる意味もあります。

赤ちゃんは今までとは全く異なる環境になり不安を感じています。

「自分に対してこんなにも尽くしてくれて、
愛して受け入れてくれる人がいる」

と、感じれるような関わりをしてあげることが大事です。

そう感じると赤ちゃんは

「生まれてきてよかった」
「ここが好きだ」

というふうな気持ちを持つようになります。

こういう気持ちを
「環境に対する基本的信頼感」と言います。

環境に対する基本的信頼感を得た子どもは
自分に起こる事を肯定的に捉え、

前向きに生きていく力がつきます。

人間だけができる3つの動き

私たち人間は他の動物にはできない
3つのことができると言われています。

その3つが、

・2本の足で立って歩く
・道具を扱う
・言語を使う

です。

思い返してみると、この3つは1歳になるまでの間、
すなわち生まれてから早い段階で獲得しようと

一生懸命に努力する能力です。

0歳の育ちはこの3つの力を手に入れるために頑張る時期
でもあるのですね。

そのため、私たち大人は興味関心を持って
子どもが主体的に関われるよう、

感覚器官を働かせたり、手や足を使う機会、
動きをともなうことができる場という

環境を整えていきましょう。

この時期はお母さんと一緒にやることで意欲が高まる時期でもあります。
ぜひ、子どもと一緒にお母さんも楽しめるようにしてみてください。

まとめ

今回は月齢の発達の特徴、胎児期〜0歳をまとめました。

こちらから教えなくても子どもは自己教育力を発揮して
色々な動きや運動を得ていきます。

次回は1歳〜2歳の発達についてお話しします。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪