子どもがグズる時は・・・【オヤジ日記】

こんにちは、オヤジこと小名智之です。
子どもが朝起きたときから
何故かグズグズくんの時ってありませんか?
先日も、
息子が目が覚めたとたん
泣き出して

抱っこしても泣き続ける
お着替え中も泣き続ける
朝ごはん中も些細なことで
怒って泣き出す

本当にお手上げの状態でした。
自分の気持ちも
どんどんイライラしてきて
怒鳴りたくなる騒動を堪えるのが大変で
本当に自分の忍耐力が試されます。
機嫌が悪い息子の言動に
自分まで機嫌が悪くなってしまい

最後は息子がモノを投げたり
0歳の弟を叩いたりして

一気にこちらもヒートアップして
怒鳴りながら叱り倒す展開になり

最後は収拾がつかない事態になって
怒鳴り声と鳴き声が
部屋に響き渡る始末・・・
そして、
怒鳴ってしまった自分に自己嫌悪して
反省しながら落ち込む自分・・・
皆さんも同じような経験ありませんか?
何をやっても
どう接しても
子どもがグズグズの時は

僕の経験上ですが、
可能性のある理由というか原因は
ほとんどの場合は
以下の2つのどちらかです。
・実は体調が悪い
・実は寂しくて甘えたい

考えてみたら、
大人の私たちでも

体調が悪いと気分も晴れませんので
憂鬱で時には機嫌も悪くなりますよね。

思い通りにいかないことが続くと
やはり機嫌も悪くなりがちです。

子どもも同じで
日頃の生活の中で
体調が悪かったり

子どもにとって
思い通りにいかないことが続くと

子どもの無意識の中に
イライラや憂鬱な気持ちが
溜まっていくのかもしれません。

それが、表面に出てきて
「理由なきグズグズ」
になる場合が多いのだと思います。
グズグズくんになってしまった時の
効果的な対応策は
「お母さん」が「抱っこ」してあげることです。
単純なことですが、
子どものメンタル的な不安定さは

愛着形成している「お母さん」が
『安全基地』になってあげて
安心感や喜び、嬉しさを
十分に味あわせてあげる必要があります。

お母さんに抱っこしてもらうと
愛情が充電されていって
体調の悪さやメンタルの不安定さを
補っていくような気がします。

そういう時は、
子どもも、
やたらと「お母さん!お母さん!」と言って

お父さんの愛情を受け止めようと
してくれません。

いざという時は、
お父さんではなく、
やはりお母さんなんですよね。

全国の子煩悩なお父さん!
落ち込むことはありませんよ!
あなたは子どもに嫌われているんじゃないんです!
(まるで自分に言い聞かせているようだ・・・)

いざという時は
お母さんに任せて
子どもの心を満たしてもらいましょう。

えっ?
お母さんの心のコンディションが乱れていたら
どうするのか?って?

子どもを抱っこしているお母さんを
2人まとめてお父さんが抱きしめてあげてください。

ハグ(抱っこ、抱きしめる)は
言葉のいらない心の栄養補給です♪

もしかしたら、
最近の自分に元気が無かったのは
心の栄養補給ができてなかったからなのかも?

お母さん~!
バグして僕の心にも栄養補給してくださ~い(笑)

 

それでは、また次回にお会いしましょう。

オヤジこと小名智之でした。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseの親会社である株式会社Centeringの代表取締役。SmileHouseのブログでは、父親の立場から日々子育てで感じたことをシェアしていく、題して「オヤジ日記」を執筆中。