イヤイヤ期っていつからいつまで?効果のあるオススメ対応はコレ!!

こんにちは!Smile Houseの妙加です。

イヤイヤ期になると毎日「イヤイヤ」が続いて
今まで以上の時間もエネルギーも使ってお母さんも疲労困憊・・・

「いつまで続くんだろう・・」「どう対応したらいいんだろう?」
と悩みを抱えているお母さん達もたくさんいると思います。

今回は、イヤイヤ期って何?から、

イヤイヤ期はいつからいつまで?
イヤイヤ期の対応は?ということをまとめました。

何に対して「イヤイヤ」と言っているのか?
どうしてイヤイヤ期はあるのか?というのを

知っているだけで楽になることもあると思いますし、
イヤイヤ期にどう関わるか?は子どもの発達にとても大事なので

ぜひ参考にしてくださいね。

イヤイヤ期の理解を深める!

イヤイヤ期の理解

イヤイヤ期って何?いつからいつまで?

一般的にイヤイヤ期には個人差はありますが
1歳半ばから2歳〜4歳頃まで続くことが多く

2歳頃がピークに「イヤ!」と言うことが増えるので
魔の2歳児などと呼ばれたりしています。

イヤイヤ期と呼ばれているこの時期は第一次反抗期のことです。

なんだか反抗期って聞くと
親や周りに対してただただ突っぱねているようなイメージがあるかもしれませんが、
イヤイヤ期と呼ばれている第一次反抗期にはとても大切な意味があります。

生まれてすぐは生理的な欲求を泣いて周りに知らせていましたが、
2歳になる頃には発達とともに欲求も増えますし、言葉も話せるようになってきます。

イヤイヤ期は自我が芽生えて、自主性が出てきた成長の証でもあり、
単なるわがままではなく、「こうしたい」「自分でやりたい」という欲求を
周りに主張しているわけです。

イヤイヤ期の大きな特徴は
・自己主張をするようになる(イヤイヤ)
・自主性が高まる(自分で何でもやりたがる)

の2つです。

そして、この2つをただただ、ぶつけているだけでなく

・自分の感情を外に出すとどうなるのか?
・自分の欲求は受け入れられるのか?

という体験を何度も繰り返しています。

この時に周りの人(特にお母さん)がどういう接してくれたかが
子どもの今後の人格形成にとても大きな意味を持ちます。

そして、イヤイヤと主張する体験を繰り返しながら、
自分にどう接してくれたのか?だけでなく、

他人にも気持ちがあることや、
泣くや拒否する以外にも自分の気持ちを表現する方法がある

ということを学んでいきます。

「イヤ!」という理由は??

何をしてもイヤ!と言われるのが毎日続くとさすがにイライラしたり
どうしらいいのかわからない・・・って困ってしまうお母さんも多いはず。

そんな時イヤと言っている理由を知れば少しは気持ちが楽になるかと思います。

もちろん、その時々の子どもをしっかり見ることが大事ですが、
いやと言っている理由で多いものを紹介します。

自分の欲求をうまく伝えられない

2歳頃になると、話せることも増えてきておしゃべりが多くなりますが、
自分の気持ちや欲求をまだ上手く伝えることはできません。

「本当はこうしたい」「どう伝えたらいいのかわからない」

というもどかしい気持ちがあり、
伝わらない苛立ちをイヤという言葉で表現しています。

できなくてもやりたい

2歳をすぎてくると自分でできることが増えてきて
もっとやりたいという欲求も大きくなっていきます。

でも、まだまだできないこともたくさんあるのも事実。

やりたいと思っているけれど自分ではどうしてもできないという
ギャップがストレスになってイヤと癇癪を起こすのです。

みかねてお母さんがやってしまうと更にイライラして
イヤイヤが爆発!なんてこともあります。

甘えたい

自分でやりたい欲求が大きくなってくるとはいえ、
まだまだ甘えたい時期。

できることでもできないって言いたい時もあれば
気まぐれでしてほしい時もあるのです。

いつも自分でしているから「やってね」と言っても
甘えたい気分の時は「イヤ」となるのです。

構って欲しいから注意を引くためにイヤという場合もあります。

反応してくれるのが嬉しく思い、わざと嫌がることをして
困らせているのです。

今はやりたくない

今言われたことをやりたくない時もイヤイヤとなります。

まだ遊びたいと思っているのに「片付けてね」「もう寝ようね」
と言われたときなどです。

子どもは急に気持ちを切り替えられないので
「今これをしているのにどうしてやめなきゃいけないの」という風に捉えるのです。

指示されたくない!

今までは言われたことをはいと聞き入れていたのとはうって変わって
指示や制限されることを気に入らなく感じるようになります。

「これはしちゃダメ」「もう帰ろうね」「こうしようね」
ということを、どうしてそう指示されるのかが理解できず

イヤイヤとなるのです。

今までは素直に聞いていたのに・・・
って思うかも知れませんが。自分の意志が芽生えてきた証ですね。

体調が悪い

眠い、空腹、疲れている・・・・体調不良は気持ちのコントロールが難しくなり、
イヤイヤが増します。

大人でも体調が悪い時は気持ちのコンディションも崩しやすいですね。

大人はそういう状態でも理性を働かせて対応しますが、
2歳の子どもはまだコントロールできないので、イヤイヤが多くなるのです。

イヤイヤ期の対応!

イヤイヤ期対応

イヤイヤ期の対応のポイント

イヤイヤ期の対応がどうして大切なのかというと、
子どもはわがままではなく、自分の意見を言っているだけだからです。

自分の意見を出すとどうなるのか?という情報を
イヤイヤ期が始まる頃からどんどん集めていきます。

その時に
「うるさい」「言うこと聞かない子は嫌い」「もう知らない」
なんて言われてしまうと子どもは傷つきますね。

どうしてそう言われたのかはまだ理解できませんが
無意識的に

・自分の思いを言うと自分にとって良くないことが起こる
・自分はダメな子だ

というような情報が刻まれていきます。

こういったことが積み重なると今後の人格形成に影響してくる
可能性が大きくなるのです。

イヤイヤ期の対応で大切な軸は
・子どもの気持ちを受け止める
・子どもの意見を認める

ということです。

受け止めて認めるというのがとても大事で、
自分の気持ちを大切に扱ってもらえると、

子どもの自己肯定感(ありのままの自分を自分で認めること)が
育っていきます。

じゃあ子どもの言ってること全て肯定的に「いいよ」ってしていればいいのか?
と言われると、それも違いますよね。

危険なことは危険、ダメなことはダメということは
この時期からでも教える必要があります。

この時期の子どもを叱るポイントは
・自分を傷つけることをした時
・他人を傷つけることをした時

の2つです。

これ以外のことは諭すこと、教えることを心がけます。

2歳頃の子どもは言葉を話し始めていますが、
理性をコントロールしたり、倫理的に考えることはまだできないので、

マナーやその他の行動は叱りつけずに親の真似をして
主体的に「やってみたい!」となるような振る舞いをする関わりにしましょう。

なので、イヤイヤ期の対応をまとめると

子どもの気持ちは受け止めて認めた上で
必要なこと(危険なこと)は教えるというのがポイントになります。

イヤイヤ期の対応でオススメのパターン

イヤイヤ期良い対応

共感する!同意する!

子どもがイヤイヤとなっているときは、子ども自身がよくわかっていない場合もあれば、
明確な場合もあったり、こちらは理解できなかったとしてもまずは

「イヤだったね」「〜したかったね」と
子どもの気持ちに共感してあげます。

そうすることで子どもの気持ちが落ち着いてもっとイヤイヤが
増加することも防げるかもしれません。

大人でも、言ったことに対して共感もなく
「だめ!」「〜して!」と言われたら

「どうして!」とか「だから〜」と言い返したくなったりしますよね。

注意を他に向けて気持ちを切り替える

泣いて嫌がる原因があるなら、まずはそこから気をそらし
子どもを落ち着かせることが大事です。

1歳半ばぐらいの時は「こっちで遊ぼう」というぐらいで気をそらしてくれて
うまくいっていても2歳頃になると意思が強くなり、

難しくなってくるかもしれませんが、
根気強く関わっていきましょう。

抱っこしたりスキンシップを取るのも良いですし、
2歳ぐらいになると簡単な言葉で説明されたことは大分理解できるので

「〜だね」と共感し、「でも〜なんだよね」と理由を簡潔に説明して、
「こっちで○○しよう?」「あっちに○○があるよ」と

他に注意をそらす言葉で気持ちの切り替えをしてみても良いかと思います。

認めて言い聞かせる、選ばせる

子どもの欲求が受け入れがたいものや、とても急いでいるときなどは
ついつい「それはまだダメ!」とか「急いでるからダメ!」とか

言いたくなるかもしれませんが、その伝え方は
自分を否定されたように受け取ってしまう子どももいます。

2歳頃になるとこちらが伝えていることはだいぶ理解できているので
しっかり理由を説明します。

まずは、「そうしたいんだね」「そう思っているんだね」と
子どもの気持ちを受け止めて認めてから、

「これは、○○だからやめておこうね」
といったように理由を伝えて諭します。

また、自分でしたいという欲求の表れの場合もあるので
「○○もあるし、□□もあるし、■■■もあるけど、どれがいいかな?」

というふうに選択肢を出して選んでもらうのも良いですね。

どうしても急いでる朝に
服を着せようと思ったらイヤイヤが勃発して

急いでるからお母さんが着せちゃいたいと思ったときなどに

落ち着いて、子どもに選択肢を与えて選んでもらうと
無理矢理着せようとするよりも

スムーズに早く済ませれることが多いです。

急いでいることも強要して早くさせようとするよりも、
今日は急いでいることや理由をきちんと説明した方が伝わります。

子どもだから言い聞かせるのではなく
大人と接する時のようにきちんを理由を伝えて接します。

頭ごなしに言うのではなく丁寧に関わることで
信頼関係も作られていきます。

じっくりと向き合って聞く

これは時間がない時は厳しいですが、時間のある時は
とことん付き合ってみるというのも方法の1つです。

いやいや!ということに
「どうしてイヤなの?」「どうしてそうしようと思ったの?」

と子どもに理由を聞いてあげます。

初めは興奮していたとしても、
お母さんが自分の話を聞いてくれていることが伝われば
落ち着いてくることもあります。

伝えたいけど伝わらない!と思っている気持ちを
聞いてあげると、子どもは嬉しいですし、

気持ちを伝える方法も学んでいけます。

見守る!

一度子どものイヤイヤを受け入れて
子どものタイミングに合わせます。

例えば、オムツを替えたいけれどいや!となった時に

「そうなんだね。変えたくなったら教えてね」と
子どものタイミングに合わせて待ちます。

今は何より遊びたい!と思っているのかもしれません。
でも、変えて欲しくなったら変えてと言ってきます。

これも時間があるときじゃないと厳しいですが、
子どものタイミングに合わせてあげるのもいいですね。

「ダメ」をしっかり決めて叱る時は叱る

基本的に色々なことをさせてあげるという関わりで
良いと思うのですが、

人を叩くことや、暴力的なこと、急に飛び出すなどの危険なことをした時は
叱りましょう。

よく混同しますが、怒ると叱るは違います。

感情的に怒鳴りつけたりして怒るのではなく、
何がいけなかったのかをきちんと伝えてください。

「叱る時はしっかり叱る」ということで
少しずつやってはいけないことがわかってきます。

叱る時のポイントは
即座に、短く、面と向かって叱ることです。

後から言われても、子どもは何ことかわからなくなりますし
うだうだ叱っても集中力が切れて聞けなくなります。

しっかり目を見て理由を伝えて
絶対にいけないことを教えてあげましょう。

感情的に言ったり怒鳴って脅しても効果はありません。

そして意外と忘れがちなのですが、「ダメ」ということを
一貫しておくことが大切です。

子どもはイヤイヤと言いながら大人の反応を見ています。

どこまでは良くて、何をしたらダメなのか?を
周りの反応を見て判断材料を集めていきます。

何に対してもダメと言われたり、
昨日は良くて今日はダメとなると

何が良くて何がダメなのか判断できなくなりますね。

なので、「自分や他人を傷つけること」や「命に関わる危険なこと」
など、ダメということを一貫して決めることが大事です。

また、叱ると諭すを区別して使うだけでずいぶん変わってきます。

叱るは、本当にダメなことをした時に強く伝える。
諭すは、物事を納得できるように説明して導くこと。

というイメージです。

例えば、自分や人を傷つけた時には叱ると決めていたら
その時はきちんと叱ります。

ちょっとしたイタズラや反抗などは諭すというように
使い分けていれば、迷うことなく接することができます。

イヤイヤ期の対応でオススメできないパターン

実際にどういう対応がオススメできないのか?を
いくつか挙げてみました。

関わりで大切なことの大前提は「気持ちを受け止めて認める」だと
いうことをイメージしてもらえるといいなと思います。

  • 子どもがイヤと言った時に、最初から否定をする
    「お着替えしてね」「いや!」「どうしてそんなこと言うの!」
  • 言うこと聞きなさい!と感情的に怒る
  • 〜しなさいと命令する
  • これしないと○○が怒るから・・・と人のせいにして言う
  • 長時間説明したり、閉じ込める
  • 子どもを叩く
  • 叱ったら叱りっぱなしで放置する
  • できていることを褒めないで放置する

イメージしてもらうと、どれも子どもの気持ちを
受け止めて認めていないと思います。

毎日イヤイヤでお母さんもイライラしてしまうことがあると思うので
ついつい感情的に言いたくなったり、

こっちの事情も・・・と思うかも知れませんが
イヤイヤ期の子どもは感情的に言われても、

うだうだと説明されても理解できません(涙)

上記のことをしてはいけないというよりは、
イヤイヤ期のことや適切な対応を知っていくと

自然と意識されていくと思うので、
オススメパターンを参考にしてみてくださいね。

関わる側のコンディションを整える

お母さんリラックス

イヤイヤ期のことを知っていても、
やっぱり毎日となると疲れてしまいます。

関わる側のコンディションを整えることも意識していきましょう。

時間にはゆとりを持つ

どうしても時間がギリギリだと焦ってしまって
子どもにじっくり時間を取れません。

焦ったりイライラしているお母さんの様子は
子どもにも伝わります。

自分のことを見てくれていないというのが
伝わるとイヤイヤが増大することも。

時間がない!イヤイヤで言うことを聞かない!
イライラ・・・・

悪循環になるので、余裕を持って
早め早めに行動しましょう。

リラックスする時間を作る

毎日子どもにつきっきりで自分の時間がない、やりたいことができないと
感じることや、些細なことでイライラしやすくなって

ついつい子どもや旦那さんに八つ当たり・・・
そんな自分に自己嫌悪なんてなってしまっては悪循環。

イライラしても、それを子どもにぶつけても意味がないから
笑顔で接しよう、というのは大事だけど、

気がつかないうちにストレスは溜まっています。

自分の時間を作るのは難しいかもしれませんが、お母さんの
心と体の状態に気を遣って整えることが、

イヤイヤ期だけでなく子育てを通して大切なことです。

ついつい自分のことを後回しにしてしまいがちですが、
意識してリラックスできる時間を作ってくださいね。

完璧な子育てをしようとしない

頑張り屋のお母さんに多いのですが、
色々な育児情報や話を聞いてその通りにしなくちゃと実践してみるものの

できなかった時にストレスに感じてしまっては良くありません。

・子どもは○時までに寝かせるのがいい
・ご飯は○時、量はこれぐらい
・毎日○時間遊ぶ

子どもを思っての行動ですし、大切なことなのですが
その通りにしなきゃと完璧を目指しているとどんどん首を締めていきます。

子育ての情報を「そうしなければならない」と思うのではなく
その中から自分ができるものを選んで取り入れるぐらいの気持ちの方が

お母さんの気持ちも楽ですし
自分と子どものペースでやっていけば何も問題ありません。

お母さん共通の悩み!

イヤイヤ期は発達段階でほとんどの子どもが通る道。

自分の子どもだけでなく、他の家の子も、友達の子も
イヤイヤ期を迎えて

お母さんは四苦八苦しています。

ものすごく大変なのは自分1人だけでなく、
親の共通の悩みで、みんなそれぞれの家で

頑張っています。

もし相談できる人がいるなら遠慮なく相談しましょう!

先輩ママでも、今まさにイヤイヤ期に対面しているママでも、
話すだけで気持ちはずいぶん変わりますし、

大変なのは自分1人だけじゃなかったというのを
知るだけで気持ちは少し楽になります。

まとめ

イヤイヤ期真っ最中の子どもと接していて
毎日くたくたになっているお母さんも多いと思いますが、

子どもの今後の成長に欠かせない時期です。

イライラしてしまって怒鳴ったり叩いたりしても
効果がないのが事実。

ぜひ今回のブログも参考にして
子どもの気持ちを受け止めて、認めてあげてください。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪