妻が保育士になりまして・・・【オヤジ日記】

こんにちは、オヤジこと小名智之です。
  

ご存知の方もいると思いますが、
SmileHouseの代表である
妻の小名由美子は

17年間、中学校の教員をやってました。
ですので、当たり前ですが
教員免許を持っています。

今回、幼児教室を開校するにあたって
「将来的には保育園や幼稚園を開園するかもしれないから」と、

昨年、妻が一念発起して
保育士の資格を取得しようと決めました。
  

多くの保育士さんは
専門学校や大学などに数年間通って
保育士資格を取得するらしいのですが

幼い子どもが2人もいるので
数年間も通学するのは
難しいということで

国家試験の保育士試験を受験して
保育士資格を取得する方法に決めました。
俗にいう「一発試験」ってやつです(笑)

この保育士試験は年に2回受験できるのですが
保育士試験を受験すると決断したのが
既に2017年の春だったので

2017年春の試験は見送り
2017年秋の試験に照準を合わせて
妻の受験勉強が始まりました。
  

試験内容を簡単に説明すると
試験は筆記試験と実技試験の2つとも
合格しないといけなくて、

筆記試験科目は以下の9科目で、
土日の2日間に渡って実施されます。

•保育原理
•教育原理
•社会的養護
•児童家庭福祉
•社会福祉
•保育の心理学
•子どもの保健
•子どもの食と栄養
•保育実習理論

合格点はどれも60点以上です。

また、幼稚園教諭などの資格を持っている場合は、
一部の筆記試験科目が免除になる場合がありますが
妻は持っている資格は中学校の教員免許なので
残念ながら免除科目はありませんでした。

めでたく筆記試験に全科目合格すると、
次は実技試験です。

実技試験の科目は

1.音楽表現に関する技術
2.造形表現に関する技術
3.言語表現に関する技術

の3科目となっていて、
ここから2科目を選択します。
  

調べれば調べるほど
数年かかってじゃないと
保育士の資格を取得するのは
難しそうだなぁと思っていました。
  

毎日の子育て、家の家事全般
そして

SmileHouseの幼児教室の立ち上げ
と本当に忙しすぎる中での
保育士資格取得ですから

事実上、
勉強する時間はほとんどありません!

そこで、
2つの作戦を立てました!

1つは、
毎日4時30分に起きて
コツコツ勉強すること

もう1つは、
1ヶ月間ぐらい高知の実家に
子どもと一緒に帰って
両親に子ども達を見てもらいながら
受験勉強に集中すること

そして
受験に向けて猛勉強している妻を
実家の両親や家族みんながサポートしてくれて

なんと!
筆記試験科目9科目全てを
一発で合格しました!

これには僕も本当に驚きました!
到底、僕にはできないことです。

合格通知がきた時
妻に
「なんでここまで頑張れたの?」
と素朴な質問をすると

「受験勉強中に子どもたちが
私と遊びたくても我慢してるのを感じて
もうこれ以上子ども達を我慢させたくないから
絶対に今回で合格する!って決意してたの」

と言いました。

母は強し!!!
  

筆記試験に合格しても
次の実技試験に合格しなければ
保育士資格は取得できません。

次の日から
ピアノの猛練習が始まりました。

早朝4時30分からやっていた勉強時間は
ピアノの練習時間に変わり

課題曲の
《こいのぼり》 《1年生になったら》
が家の中で流れる毎日になりました。

日に日に伴奏が上手くなっていくと
子ども達も一緒に唄うようになってきて
(っていうか毎日何回も聞いてるので
   さすがに子どもも覚えてしまいます)(笑)

そのうちに
長男は保育園から帰ってくると
「お母さんピアノ弾いて~♪」
とおねだりするようになりました。
  

練習に練習を重ねて
満を持して12月の実技試験にのぞみ

先日、嬉しい合格通知が届きました!

合格通知書

妻は本当に頑張ったと思います。
そして、
本当に協力してくださった方々に感謝です。
  

これで、
妻は教員免許と保育士資格を持つことになりました。

ちなみに、
僕はお恥ずかしいですが
資格は運転免許ぐらいしかありません。

もうこうなったら、資格欲しさに
オヤジ道 7級試験でも受けようかなぁ~♪
(そんな資格はありません!)(笑)
   

それでは、また次回にお会いしましょう。

オヤジこと小名智之でした。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseの親会社である株式会社Centeringの代表取締役。SmileHouseのブログでは、父親の立場から日々子育てで感じたことをシェアしていく、題して「オヤジ日記」を執筆中。