【あせも】何故あせもはできるの?子どもにあせもが多いワケ

こんにちは
SmileHouseです。

暖かくなると汗をたくさんかきますよね。

そうなると気をつけなくちゃいけないのが「あせも」です。

赤ちゃんや子どもはとくによく汗をかくので

あせもに悩んでいるママや、どう対策していけばいいかなと

思っているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

今からケアして、暑い季節を快適に過ごしましょう。

あせもって何?

あせも

私たちの体には常に体温を一定に保つ働きがありますよね。

寒い時は血管を収縮させて体内から熱が出ていくのを防いだり、

体を震わせて熱を生み出し、

暑い時は血管を弛緩させたり、汗をかくことで体内の熱を外に逃しています。

あせもは正式には「汗疹(かんしん)」と呼ばれていて、

皮膚の下にある汗腺から皮膚表面までのびる

汗の通り道である汗管(かんかん)がつまることで発生する皮膚の疾患です。

似たような症状(ブツブツ、かゆい等)の皮膚疾患で湿疹というのがありますが、

厳密に言うと違っています。

湿疹は症状もできる場所も多種多様で、

外部からの刺激(化学物質に触れる、擦れる、引っ掻く、

紫外線、寒冷等の刺激、薬物)といった

様々なことが原因で発生することがありますが、

あせもは汗が管につまって排出されずに炎症ができた状態で

大量に汗をかきやすい夏場に多いことが特徴です。

あせもにも種類がある/h3>

あせもは大きく分けると3種類があり、

汗がつまってしまう深さによって分けられていて症状も違います。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

あせもと聞くと、多くの人が赤いブツブツをイメージするのではないでしょうか。

この「赤くてかゆいブツブツ」のあせもは

紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれているあせもです。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

水晶様汗疹は皮膚の表面に近い角質層に汗がつまってできるあせもで、

透明又は白っぽい水疱(水ぶくれ)がたくさんできます。

大量に汗をかいたときにできることが多く、

高温の環境で長時間作業をしたり、

体温調節があまり上手にできない赤ちゃんや乳幼児に多いあせもです。

皮膚の表面に近いため症状が軽いことが多く、

かゆみや痛みはなく、数日で自然治癒していきます。

深在性汗疹(しんざんせいかんしん)

深在性汗疹は真皮内で汗がつまってしまい、

放っておくと汗がでなくなったり、熱中症になってしまうこともあります。

ただ、日本ではめったに見られない症状で、

熱帯地域に多く、長時間高温にさらされることで発症します。

赤ちゃんにあせもが多いワケ

大人に比べて赤ちゃんや子どもの方が、

あせもになりやすいと言われています。

理由は、

大人に比べて赤ちゃんや子どもの方が代謝がよく、

少し動いただけで大量に汗をかくことと、

汗がでる汗腺は大人も赤ちゃんも同じ数があるということです。

なので赤ちゃんの方が、

表面積に対して汗腺がぎゅっとつまっていて密度が高いため、

あせもになりやすくなります。

汗をかくこと自体はとても大切なことで、

あせもの原因は、そのあとに放置してしまうことです。

赤ちゃんは自分で汗を拭いたり、

着替えたり出来ないので、

気づいた時にはすでにあせもになっていることが多いのです。

あせもができる原因

あせも

3種類あるあせもですが、

今回は最も多い「赤くてかゆいブツブツ」の紅色汗疹についてご紹介します。

あせもは汗管に汗が詰まって炎症をおこしている状態ですが、

具体的な原因にはどういうものがあるのでしょうか?

大量の汗

汗をかくことはとても大切なことですが、

大量にかきすぎるとあせもの原因になります。

なぜかというと、

汗管は皮膚の奥から表面までつながっていて

汗を体外に排出しているのですが、

たくさん汗をかきすぎると詰まってしまい、

本来なら体外に出るはずだった汗が排出しきれなくなるのです。

10人しか通れない道に

一気に100人が押しかけちゃうとパンクしますよね。

汗をかく原因は、

運動や気温といった外的要因だけでなく、

更年期障害や肥満、甲状腺の機能亢進、多汗症などの内的要因もあります。

高温多湿で蒸れる

たとえ汗をかいたとしても、流れてしまったり、

蒸発してしまえばあせもは出来にくいのですが、

汗がそのままとどまってしまうと、あせもの原因になります。

身体の中でも蒸れやすく乾燥しにくい部位は、

  • 頭、額、首周り(特に服との境目)
  • 脇や胸の下(下着と接触)
  • お腹周り(ベルトやパンツと接触)
  • 肘の内側、足の付け根

これ以外にも、

包帯やギプス、絆創膏を貼っているところは

蒸れやすくなるのであせもが出来やすくなります。

赤ちゃんの場合はおむつと触れているところも要注意です。

お肌コンディションの低下

汗をかくたびにタオルでゴシゴシ拭いたり、

シャワーを浴びてボディーソープで洗っていると、

汗や汚れと一緒に大切な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。

この乾燥したお肌の状態はあせもをできやすくしてしまいます。

お肌の水分と油分のバランスが整った状態が大事なのです。

まとめ

赤ちゃんや子どもは大人よりもたくさん汗をかきますし、

大人だって、汗をかいたままにしていたら、あせもになります。

特に春から夏は要注意。

ですが、汗をかくというのは体温調節をしてくれ、

老廃物を外に出し、私達の身体を健康に保つ大切な機能です。

なので、汗をかかないようにするのではなく、

しっかり汗をかいて、こまめなケアをしてあせもを防いでいきましょう。

【あせも】すぐできるあせもの効果的な3つの予防法

2020.03.12

ママ向けサポートコミュニティ
『子育てカフェ』

子育てお役立ちコラム配信(週1回)
リアルタイムオンラインセミナー(月1回)
代表が動画で質問に回答(不定期)
※配信周期は変更の可能性があります

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪