子宮内膜症の症状や診断法とは?早期発見が重要!

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

子宮内膜症は子宮の内膜が子宮以外に発生し、それが原因で月経時に強い痛みを感じたり、月経過多や不妊症などの合併症につながる可能性のある病気です。

内膜症は月経のたびに症状が進行するので早期発見がとても大事。

今回は、子宮内膜症の症状や診断法についてまとめました。

子宮内膜症とは?

子宮内膜症
子宮は子宮筋という筋肉でできている臓器で、その内側に子宮内膜という薄い膜があります。

この子宮内膜に受精卵が着床すると妊娠、剥がれて出血するのが月経です。

子宮内膜症とは、本来なら子宮の内側にだけ存在する子宮内膜組織が子宮以外の場所(卵巣・腹腔内など)で増殖し、剥離する疾患です。

本来、子宮内膜からはがれ落ちた子宮内膜組織は膣から体外に流れるのですが、子宮以外で増殖した子宮内膜組織は腹腔内にとどまってしまうので、炎症や痛み、癒着の原因になってしまいます。

良性の疾患ですが、痛みをコントロールしたり、症状や妊娠の希望の有無に合わせて治療を選択しながら、閉経までの長期にわたり経過観察が必要な病気です。

子宮内膜症ができる場所

子宮内膜症が発生しやすい場所は、

・子宮の筋肉の間
(ここにできる子宮内膜症を腺筋症と呼びます)

・卵巣
(卵巣チョコレート嚢胞<のうほう>と呼びます)

・ダグラス窩
(子宮と直腸の間にあるくぼみ)

・腹膜

・直腸

・仙骨子宮靱帯<じんたい>
(子宮を支えている靱帯)

・膀胱子宮窩
(子宮と膀胱の間にあるくぼみ)

・まれに腸、へそ、肺、リンパ節といった骨盤外の臓器にも発生
(他臓器子宮内膜症と呼びます)

とくに卵巣にできた子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)は、卵巣に古い血液がたまって卵巣が腫れ、周辺の臓器と癒着して強い痛みや不妊の原因になったり、まれにガン化するので定期検診が必要です。

子宮内膜症の原因

実はなぜ子宮内膜症が発症するのか、その原因はわかっていません。

いくつか説があり、

・月経血が膣から流れ出ずに逆流してしまい、腹腔内にばらまかれた内膜がそこで発育してしまう説(子宮内膜移植説)

・腹膜が何かのきっかけで子宮内膜に変化してしまう説(体腔上皮化生説)

などがあります。

子宮内膜症を発症しやすい人は?

子宮内膜症は20-30代の女性に多く、もっとも多いのは30-34歳だといわれていました。

ですが最近では初経の年齢が早まっているので、罹患者の低年齢化がすすみ、10-20代で発症する人も増えています。

子宮内膜症は女性ホルモンの影響を受けるので、月経周期に合わせて増殖し、月経のたびに病気は進行して悪化します。

子宮内膜症は年々増えている

現代人は、昔と比べると働く女性が増えて出産回数が減ったことに加えて、初経年齢が早くなっていることで、女性ホルモンが分泌される期間が長くなってきています。

結果、一人の女性が経験する月経回数は戦前と比べると格段に増えているとともに、子宮内膜症を発症する人も増加傾向にあります。

子宮内膜症の明確な原因はわかっていませんが、月経回数が増えるほどリスクは高まります。

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症症状
子宮内膜症の代表的な症状は「月経時の痛み」で、約90%の人に現れます。

そのほかにも次のような症状があると、子宮内膜症の疑いがあります。

子宮内膜症は複数の症状が組み合わさっていることが多いので、当てはまるものがいくつかあれば一度診断を受けることをオススメします。

■強い生理痛、下腹部痛

子宮内膜症の代表的な症状で、鎮痛剤が必要なほど強い痛みが生じます。

症状は年々強まり、市販の鎮痛剤では十分に痛みが取れないケースも。

■生理時以外の腹痛

とくに排卵期(生理と生理の中間ごろ)と生理前に腹痛を感じます。

■性交痛

子宮内膜症がダグラス窩に発生すると、セックスの時に膣の奥が痛みます。

膣の入り口付近ではなく、奥が痛くなるのが特徴。

■月経過多

子宮内膜症が子宮の筋肉の間にできると(子宮腺筋症)の場合、子宮全体が大きくなるので経血量が増えます。

夜用の生理用品をつかっても短時間でいっぱいになる、夜は何度か取り替えにいかないと不安といった状態になることも。

通常経血は酵素の働きでサラサラとした状態で排出されますが、月経過多になると量が多すぎて酵素が間に合わないため、レバー状のかたまりで排出されます。

■排便痛

子宮内膜症が直腸やその周辺にあったり、癒着していると肛門の奥の方に痛みを感じます。

多くの場合、生理前に便秘になり生理が始まると解消されるため、生理痛と排便痛が重なりダブルで痛い・・・という場合も。

■下痢・嘔吐・吐き気

生理期間中に多く、ホルモンの作用で胃や腸が収縮して吐き気・嘔吐・下痢を引き起こします。

■不妊

子宮内膜症=不妊ではありませんが、病状が進行すると影響が出る確率も上がり、子宮内膜組織と臓器の癒着や卵巣・卵管の機能低下などが排卵や着床を阻害してしまうと不妊になると考えられています。

子宮内膜症と不妊の関係

子宮内膜症の30-50%が不妊を合併するといわれていて、不妊症の人の30-50%に子宮内膜症がみられることから、子宮内膜症と不妊症は因果関係があると考えられています。

子宮内膜症の病状がすすむと、臓器同士が癒着して排卵や受精卵の移動や着床を邪魔したり、骨盤内に炎症を起こし、妊娠しずらい環境になってしまう可能性があります。

子宮内膜症があっても自然妊娠・出産をする人はたくさんいますが、早期治療をするに越したことはありません。

子宮内膜症の診断

子宮内膜症診断
子宮内膜症は生理のたびに進行していくので、早期発見をすればそれだけ症状が軽い状態から治療を始めることができます。

子宮内膜症を診断する方法は次の通りです。

1、問診

2、内診

問診で内膜症の疑いがあるとなった場合、内診をして子宮や卵巣の位置・大きさを調べます。

ある程度進行している内膜症であれば、ダグラス窩のシコリの有無、圧痛の有無、卵巣の腫れや肥大の有無、子宮の働きや癒着の有無がわかります。

時間は1-2分ぐらいで苦痛を伴うものではありません。

3、超音波

膣内に装置を挿入する経膣エコーとお腹に当てる経腹エコー2種類があります。

子宮や卵巣の大きさを確認したり、チョコレート嚢胞の診断に有効です。

4、MRIやCT検査

MRIは磁気、CTはX線をつかった画像診断の検査で、卵巣チョコレート嚢胞の有無や子宮内膜症の部位や癒着をより詳しく検査することができます。

5、血液検査

血液検査は補助検査ですが、子宮内膜症になるとCA125という腫瘍マーカーの値が高くなることがあります。

CA125が高値になる場合、子宮内膜症はある程度進行していると推測されます。

6、腹腔鏡

腹腔鏡とは内視鏡をおへその直下から入れ、骨盤内を直接観察して診断する検査です。

子宮内膜症の有無や、広がり具合、癒着などを直接見ることができるので、もっとも信頼度の高い検査方法ですが、入院や全身麻酔が必要なことが多いので負担も大きいのがデメリット。

そのため。腹腔鏡検査は、

・内膜症がかなり進行しているため、内視鏡で病床を切除・焼灼といった外科的な治療が必要な人

・上記程度まで症状が進行していて、不妊症を併発している人

などが対象になるケースです。

ほとんどの子宮内膜症は1-5までの検査方法でほぼ確定診断できるため、生理痛を訴えて受診したからといって、いきなり腹腔鏡検査をすすめられることはありません。

早めに医療機関へ行くことが大事

子宮内膜症は生理のたびに少しずつ悪化して、進行すると生理のたびに我慢できないほどの痛みを生じたり、不妊の原因になってしまいます。

また、子宮内膜症は慢性疾患なので、発症すると閉経までながいお付き合いになります。

早期発見をして早く治療を始めたほうが、症状を軽い状態でキープすることが可能になります。

子宮内膜症は珍しい疾患ではないので、当てはまる症状がいくつかあれば早めに医療機関を受診してくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪