【共依存】誰かに必要とされたい依存症。共依存の特徴とは

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

「依存」と聞くと、

  • 買い物依存
  • ギャンブル依存
  • 恋愛依存
  • アルコール依存
  • 薬物依存
  • ゲーム依存

など、

多くの方はこういったことを思い浮かべるのではないでしょうか。

今挙げた依存は物や環境に依存している状態です。

今回お話しする「共依存」は人間関係に依存した状態を指します。

共依存は本人や周りも問題を感じながらも依存だと無自覚でいることが多いのです。

今回は共依存はどんな関係性なのか?ということや共依存の基本知識をまとめました。

特にこのように感じることが多い人は要チェックです。

・いつも気がつけば他人に振り回されている
・他人の言動で自分のコンディションの良し悪しが左右される
・頼まれていなくても「〇〇さんのために」と人のことを一生懸命にしている。
・相手の反応が気になり、人の顔色を伺っている

共依存とは?

共依存

共依存者とは、

自分と相手の関係性に依存していて、

その関係性にとらわれている 嗜癖(しへき)状態

のことを言います。

もう少し簡単に言うと

自分のことよりも他人のことを気にして世話をし、

「自分はこの人に必要とされている」と実感したり、

自分の存在価値を見出そうとしていることが特徴です。

「相手を世話することに依存する」とは

相手のためを思う善行では?
相手も喜ぶんじゃないか?

と思うかもしれません。

相手の面倒を見て、献身的で「いい人」に見えることもありますが、

実際は自分の存在価値を得るために行う自分本位な行動なので

相手の問題が根本解決しませんし、相手はいつまでも自立できません。

そのため、

「人を世話、介護することへの依存」
「愛情という名の支配」

と呼ばれています。

相手を自分に縛りつけ、また、自分も相手に縛られている

苦しいことがあっても離れられない、

それが共依存という関係性です。

共依存が生まれたきっかけ

共依存が注目され始めた背景には、

「アルコール依存症」とその「家族」の関係性があります。

  • アルコール依存の治療で、「家族からの隔離」で回復の兆しを見せた患者がいた
  • 家族の中にいると、再び依存するor依存からの離脱が困難だった

ということから
その家族の関係性を調べてみると、ほとんどの確率で、

依存症患者の家族の中に

「依存症患者の世話に依存している人」がいて

その人が、依存行為を後押ししてしまうため、

本人は依存症を克服することができないという事実がありました。

こういった臨床データをもとに、

従来は依存症は個人の精神的な問題だという捉え方でしたが、

最近では依存症を持っている人間関係に注目し、

回復のためには、依存症患者に依存している人がいないか?

ということや、

もしいる場合はその人も同時に治療していく必要があるという認識に変わっていきています。

「共依存」は自立させない・自立しない関係性

現在、共依存は

『特定の人間関係にとらわれている』ことを指します。

共依存の状態は、

  • 相手のケア(世話)に依存している人
  • ケアしてもらうことに依存している人

に分かれます。

ケアすることに依存している人は

  • 自分が相手についていてあげなくちゃ
  • 自分が見捨てたら、この人はどうなるんだろう
  • あの人には自分しかいないんだ
  • 自分にはあの人しかいないんだ

というような思考になります。

しかし、他人の世話を過度にし、自分を頼りにさせて

自分ありき、相手ありきの生活や人生になるのは

愛情という名の下、

「相手を支配している快感」を得たいという自己中心的な思考が根底にあります。

相手の能力を奪い、無力化し、

相手の生活や人生を自分が支配しているのです。

なぜ支配したくなるのかというと、

自分自身が相手(他人)の気分や行動によって

感情やコンディションが左右されるので、相手をコントロールしておきたくなるのです。

いわゆる、共依存とは、

相手に必要とされる、もしくは相手に必要とさせることで、

「自分は他人に必要とされている」という実感を得て

お互いに自分の存在価値を感じ合う関係性です。

ですので、共依存の関係性であっても「自分は共依存だから、ダメなんだ」

と責める必要はありません。

自分と相手の当事者同士が苦痛を感じていないのであれば何ら問題はないのです。

しかし、

  • 人間関係で苦痛やストレスを感じる
  • 一時的には満たされるがすぐに不安定になる
  • 相手に気分や生活を左右される
  • 相手が何をしているのか、どこにいるのかが気になり不安になる

というような悩みや不安を慢性的に抱えている場合は

共依存の関係性を解決させると解消する可能性が高いでしょう。

共依存の背景は「自己評価の低さ」

相手を縛り、そして自分も縛られる

という関係性は、

「幸せそうに見えない」場合も多いですし、

当事者たちも悩んでいたり、苦しさを感じているのですが

なかなか相手との関係性を断つことができません。

共依存という関係性を作りやすい人の心理には

「自己評価の低さ」があり、

自分で自分を認めたり、評価することが苦手なため、

相手に依存することで、自分の価値を見出しているからです。

自分がいなくてはダメになると思い込む

自己評価が低く、自立できていないと

  • 誰かに必要とされる
  • 誰かを支え続ける

という環境や状況を作り出し自分の存在理由を作り出そうとします。

また、その関係性は家族、パートナーがもっとも多くなります。

なぜなら、

大事な誰かの「絶対に必要な存在」という役割は

「この人は自分がいないとダメになる」というように

「自分は絶対必要不可欠」という感覚と満足感を得やすいからです。

裏を返せば、

相手を通して自分の価値を守る=相手が自立することを妨げる

関係性でもあります。

相手の問題を解決しようと奔走(ほんそう)したり、

その中で怒り、悲しみを感じながら疲弊、消耗していたとしても、

それが生きがいになるため、関係性を断つことができなくなっていくのです。

他人からの承認=自己価値

自尊心が低いと、他人に認められることで、

自分の存在価値を認めようとします。

自己愛が低いとその分自己否定も強くなるので、

それを跳ね除けるために他人からの評価・承認を求めようとします。

共依存の傾向のある人は、「他人からの評価」が自分の価値を決めているのです。

そのため、自分も相手に依存し、

自分を評価してくれ、認めてくれる人を無意識に求めるので

自分に依存させる関係性を作り出そうとします。

他人のために努力したり、奔走したり、解決しようとしたりというのは

献身的に見えますが、

目的が「自分を認めさせる」というところにあるので、

相手から見返りがないと、怒りや悲しみを感じます。

「自分はこんなにもあなたのために頑張っているのに・・・・」

というように。

  • どうして大事にしてくれないんだろう
  • どうして認めてくれないんだろう
  • どうしてわかってくれないんだろう
  • どうして自分のことを考えてくれないんだろう

と、相手に求める気持ちや不満が強まっていきます。

共依存はギブアンドテイクの関係性です。

相手から見返りをもらうことを期待して与えているので

返ってこないと不満を感じるのです。

共依存の特徴:他人ばかりに焦点が当たっている

共依存

共依存とは、他人ばかりをみて

言い換えれば自分自身に焦点が当たっていない状態です。

いつも自分を犠牲にしていませんか?

  • 人間関係で、自分ばかりが責任感を感じている
  • リスクを負っている
  • 気持ちを押し殺し、我慢している

相手の問題にめり込んでいませんか?

  • 相手の問題に指示を出している
  • 相手の問題の解決策を決めようとしている
  • 相手の考えるべきことをやってあげている

自分を追い込んでいませんか?

  • 相手のことをほっておいてはいけない思う
  • 相手を助けないと罪悪感を感じる
  • 完璧な自分にならなくてはと思い込んでいる

まとめ

共依存は聞き慣れない言葉かもしれませんが、

人間関係の慢性的な悩みや問題は共依存という関係性から生じていることも

少なくありません。

自分自身を見つめるきっかけにもなりますので

ぜひ他の記事もご覧ください。

【共依存】共依存のエピソード集。具体例でわかりやすく解説

2017.10.13

【共依存】共依存関係を築きやすい性格の特徴と心の仕組み

2017.10.21
Smile Houseからのお知らせ

【月額980円】天才を生み出す子育てレシピ【e-ラーニング】

Smile Houseの全てのノウハウを詰め込んだ動画見放題の通信講座

  • モンテッソーリ教育の理論
  • 提示
  • 子育てに役立つ心理学
  • お悩み相談

の4つのジャンルで毎月配信中!
子どもの可能性を開花する条件と要素を動画で詳しく解説します。

ママ向けサポートコミュニティ
『子育てカフェ』

子育てお役立ちコラム配信(週1回)
リアルタイムオンラインセミナー(月1回)
代表が動画で質問に回答(不定期)
※配信周期は変更の可能性があります

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪