【未経験者歓迎】週1日〜も要相談☆ 教室スタッフ募集中です!充実の社員教育制度あり。気軽にお問合せください

クラス一覧

自己教育力が開花していく
カリキュラム

自己教育力が開花した子どもは、思いやりや自己有能感が育ち、自分から主体的になんでもやっていく習慣が身についています。無意識になんでも吸収する0歳から3歳までの子どもたちには、教え込むのでも放置するのでもなく、周りの大人が適切に関わる必要があります。子どもが自ら発達を遂げる力である「自己教育力」が開花していくために必要な環境を整えるサポートをしていきます。

お子さまの年齢でクラスを探す

下矢印
Eクラス

発達の特徴

2歳〜3歳頃の子どもは、感覚刺激に対する脳の発達のピークを迎えます。
また、「吸収する精神(無意識)」の時期から「意識の芽生え」の時期に移行していく時期で、それまでに蓄積してきた感覚印象の整理(秩序化や体系化)が進んでいきます。運動能力が増すと同時に集中力も増し、自我が芽生え、意志が発達し、ことばも完成に向かっていきます。

カリキュラム
感覚教育
円柱さし、ピンクタワー、茶色の階段、長さの棒、色板、色つき円柱、触覚板
日常生活の練習
基本動作(腰掛ける、立つ、容器の開閉、貼る、はさみで切る、縫うなど)
自己への配慮(ボタンの開け閉め、手を洗う、髪をとかす、鼻を拭くなど)
環境への配慮(机を拭く、掃く、洗濯・洗濯物を干す、食器を洗う・拭くなど)
社交的なふるまい(挨拶など)
運動の調整(線上歩行、静粛練習)
その他
毎月の歌(日本語・英語)、毎月の絵本(日本語・英語)、制作活動、楽器の演奏など
下矢印
カリキュラム

「日常生活」の練習では、前クラスから引き続き、より洗練された動きを身につけることや動きの調整、意志の発達を促しながら、子どもの自立心や独立心を育んでいきます。
また、「感覚教育」では、直接体験を通して、「吸収する精神」で溜め込んだ感覚体験を、モンテソーリの感覚教具などを用いて抽象化し、知性を覚醒していきます。ここで獲得する、感覚器官の洗練、感覚体験の整理(体系化や秩序化、大小や色などの概念の形成)、ものを考える方法(比較、対にする・分類する・段階づけるなど法則的な見方、考え方や観察力)などの力が、3歳以降の「言語教育」、「算数教育」、「文化教育」といった知的教育分野の基礎となります。

モンテッソーリ教育イメージ モンテッソーリ教育イメージ

Eクラスは、お子様のみの通室となります。
(保護者の方の送り迎えはお願いします。)

お子さまの年齢でクラスを探す

下矢印

Access

モンテッソーリ子どもの家 SmileHouse

大阪市北区豊崎3-6-11 エイトビル4F
Google map

地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分
阪急梅田駅から 徒歩10分

無料体験受付中

SmileHouseの幼児教室では、子どもの発達にとって大きな存在となる お母さん・お父さんに「モンテッソーリ教育」をより深く理解していただくために【絶対保存版】のモンテッソーリ小冊子をプレゼントしています。
これを読めば”3歳までにやっておきたいモンテッソーリ教育のすべて”がわかると言っても過言ではないボリュームと内容になっていますので、お子さまとの日々の関わりにお役立て下さい。