【未経験者歓迎】週1日〜も要相談☆ 教室スタッフ募集中です!充実の社員教育制度あり。気軽にお問合せください

クラス一覧

自己教育力が開花していく
カリキュラム

自己教育力が開花した子どもは、思いやりや自己有能感が育ち、自分から主体的になんでもやっていく習慣が身についています。無意識になんでも吸収する0歳から3歳までの子どもたちには、教え込むのでも放置するのでもなく、周りの大人が適切に関わる必要があります。子どもが自ら発達を遂げる力である「自己教育力」が開花していくために必要な環境を整えるサポートをしていきます。

お子さまの年齢でクラスを探す

下矢印
ABCクラス共通カリキュラム

シェアリング・お母さんの学び

「子どもの育ちの最大の環境」であるお母さんは、子どもの能力を開花させる鍵となります。
A〜Cクラスでは、お母さん自身に子育ての様々な知識や考え方を学んでいただくための時間をとても大切に考えています。

  1. 愛着の重要性
  2. モンテッソーリ教育の基礎
  3. イヤイヤ期と敏感期
  4. 環境としての大人の役割
  5. 逸脱のメカニズムと正常化
  6. 性格形成とパラダイム
  7. 子どもの潜在意識への刷り込み
  8. 脳の発達と臨界期
  9. 自然に触れる体験の重要性
  10. 素質の理解と関わり方
  11. 胎生学的メンタルケア
  12. リミッティングビリーフ  など
Cクラス

発達の特徴

1歳~1歳6ヵ月頃の子どもは、歩けるようになり、器用な手の動きができるようになり、認知能力が非常に高まっていく時期です。これまで言葉を吸収していた子どもが、意図して言葉を発し始める時期でもあります。
そして愛着が形成されてきた子どもは、安心できる保護者や保育者が視界に入っていれば、離れて行動できるようになっていきます。

カリキュラム
愛着を育む活動
スキンシップ、共感的で応答的な関わり
粗大運動の活動
【身体】歩く、つま先立ちで歩く、階段をのぼる・降りる、跳ぶ、物を持って歩く・運ぶ
微細運動
【手】認知を伴う手の活動(大小や色、形、数に着目したリング差し、はめ込みパズルなど)
言語教育の活動
実物とものの名前(名詞)を結び付ける(三次元の世界)、絵のカードと名前を結び付ける(二次元の世界)
感覚教育の活動
触覚、嗅覚、聴覚、視覚を刺激する活動、ペアリング(対にする)やソーティング(分類する)の活動
その他
毎月の歌(日本語・英語)、毎月の絵本(日本語・英語)、制作活動など
下矢印
カリキュラム

子どもの様々な感覚を刺激しながら、認知能力を高めていきます。脳の発達には、「感覚に訴えて、動きを伴った活動」をすることが欠かせません。子どもたち自身が、様々な触感、におい、色、音などに実際に触れ、グループ分けなどの活動、操作をすることで、感性や認知能力を高めていきます。教具は、カラフルで、多様性に富み、子どもたちの興味や好奇心を刺激するよう配慮されている他、具体から抽象への移行、三次元から二次元への移行と、思考力も高められるよう工夫されています。

モンテッソーリ教育イメージ
dクラス

発達の特徴

1歳7か月〜2歳頃の子どもは、運動面では、身体・手が自分の意志で動かせるようになっており、言語の面ではことばの理解が進みます。
また、なんでも大人の真似をしたいという模倣期を迎え、なんでも自分でしたい!という意志の芽生えも見られる時期です。これらの特徴を利用して、「日常生活の練習」を行い、社会生活に適応していく力を身に付けていきます。

カリキュラム
言語教育の活動
ひみつ袋(実体認識感覚〈触覚と筋肉感覚〉を養う)
語彙の充実(名詞以外の品詞に多く触れる)
日常生活の練習
基本動作(腰掛ける、立つ、容器の開閉、貼る、はさみで切る、縫うなど)
自己への配慮(ボタンの開け閉め、手を洗う、髪をとかす、鼻を拭くなど)
環境への配慮(机を拭く、掃く、洗濯・洗濯物を干す、食器を洗う・拭くなど)
社交的なふるまい(挨拶など)
運動の調整(線上歩行、静粛練習)
その他
毎月の歌(日本語・英語)、毎月の絵本(日本語・英語)、制作活動など
下矢印
カリキュラム

「日常生活の練習」は、粗大運動と微細運動が複合的に合わさった活動で、自分の意志どおりに動く身体を土台に、より洗練した動きを身に付け、自分の事が自分でできるようにしていきます。その結果、自立心・独立心が育つとともに、共同体の一員として参加することで、社会生活に適応していくことも促していきます。

モンテッソーリ教育イメージ

Dクラスは、お子様のみの通室となります。
(保護者の方の送り迎えはお願いします。)

Cクラスに入室しているお子様がDクラスへくりあがる場合は、
「プレクラス」へ参加せずに直接Dクラスにご入室いただけます。

D・Eクラスに入会していただく際は、プレクラスで最初の4回は母子同室にて参加していただきます。(プレクラスの詳細はこちら)

「子どもの育ちの最大の環境」であるお母さんたちへ

子どもの能力を伸ばしてあげたい、どのような子育てがよいだろうかと、一生懸命考え実践されようとしているお母さんは多いと思います。

「子どもにどんな教育を受けさせたらよいのだろうか?」
「子どもの能力を伸ばすための習い事やスポーツはなんだろう?」

など、私たちは、とかく子ども自身に働きかけることで子どもの能力を開花させようと考えがちですが、

実は、子どもの能力を開花させる鍵となるのは、「子どもの育ちの最大の環境」であるお母さん自身のあり方であると言われています。

子どもの育ちにとって、とても重要で大切なこと

モンテッソーリ教育イメージ

例えば、モンテッソーリ教育では、子どもには、自分で自分の能力を伸ばしていける「自己教育力」と言われる力が生まれながらに備わっていると言われています。
そして、この「自己教育力」が発揮されるためには、子どもが自発的に環境に働きかけることが必要ですが、この環境設定や子どもと環境を結び付ける重要な役割を担うのは、お母さんです。

また、児童心理学や発達心理学の観点からみても、子どもの性格形成には、実はお母さん自身の性格、価値観が非常に大きく影響しています。

だからこそ、お母さんに、子育てで重要な正しい知識を知っていただくこと、お母さん自身にご自身のあり方を見つめていただくことが、子どもの育ちには欠かせないのです。

子どもは、周りの大人にどう関わられたかによって、人格形成が進んでいくわけですが、既に1歳や1歳半の時点で、子どもの人格形成の土台がどのようにできあがりつつあるかが子どもの姿や様子に顕著に現れています。

教育方法は様々ですし、人の性格も様々ですので、良い悪いはありませんが、お母さんが子どもの育ちに対する正しい知識をもつこと、お母さん自身が自分を客観的に見つめることが、子どもの育ちにとって、とても重要で大切なこと、そして絶対に必要不可欠なことだとSmileHouseでは考えています。

お子さまの年齢でクラスを探す

下矢印

Access

モンテッソーリ子どもの家 SmileHouse

大阪市北区豊崎3-6-11 エイトビル4F
Google map

地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分
阪急梅田駅から 徒歩10分

無料体験受付中

SmileHouseの幼児教室では、子どもの発達にとって大きな存在となる お母さん・お父さんに「モンテッソーリ教育」をより深く理解していただくために【絶対保存版】のモンテッソーリ小冊子をプレゼントしています。
これを読めば”3歳までにやっておきたいモンテッソーリ教育のすべて”がわかると言っても過言ではないボリュームと内容になっていますので、お子さまとの日々の関わりにお役立て下さい。