羊水とは?羊水の役割・羊水検査について解説しました。

こんにちは
Smile Houseの妙加です。

女性の身体は妊娠すると
様々な変化をするのですが、

その中でも
妊娠中とても重要な役割をしているのが「羊水」です。

羊水はただの水ではなく、
赤ちゃんを守り、成長を促す大切なものです。

「生命の源は海」という言葉がありますが、
まさに羊水は「赤ちゃん守り、育てる海」のようなもので

羊水に満たされた空間が赤ちゃんにとって重要な生育環境であり、
大切な役割をしています。

今回は羊水とは?
羊水の役割や、量、羊水のトラブルなどをまとめました。

羊水とは?

羊水とは

女性の身体は妊娠すると子宮内に赤ちゃんを包むように「卵膜」という
袋状の空間ができます。

赤ちゃんはこの卵膜に包まれて育っていくのですが、
この卵膜内を満たしている水分が羊水です。

羊水の成分は?

羊水は弱アルカリ性で、99%は水分でできています。

残りの1%に電解質、アミノ酸、脂質、糖分などが含まれていて、
実は海洋深層水の成分にとても近いといわれています。

妊娠初期の羊水は卵膜の内側にある羊膜や、
お母さんの血中水分、血漿、赤ちゃんの皮膚から染み出していますが、

妊娠中期以降は赤ちゃん自身が羊水を飲み込んで
腎臓を通り尿として排泄することを繰り返すことで作られるようになります。

羊水の色や匂いは?

基本的には羊水は無味無臭、透明の液体ですが
妊娠の段階によって多少の変化があります。

妊娠初期の羊水はほとんどが
お母さんの血液の血漿という成分で作られています。

それ以外では卵膜や赤ちゃんの皮膚から滲んで出てきた
水分です。

そのため、羊水の色は透明か、若干黄色味がかっていて
匂いはなく、サラサラとしていて水と同じような状態です。

妊娠11週をすぎてくると、腎臓の機能が動き出すため
赤ちゃんが羊水を飲み、それが濾過されて羊水中に尿として排泄されるようになります。

羊水に赤ちゃんの尿が混ざると、羊水の色は
透明に近い乳白色に変化していきますが、

匂いはほとんどありません。

臨月に近づいてくると羊水の主な成分は赤ちゃんのおしっこになり、
匂いはやや生臭い感じになる場合もあります。

妊娠中に羊水を見る機会はないので
前期破水などで初めて見るという人が多いのですが、

匂いもなく透明な水みたいだったという人もいれば、
上記のようにやや生臭く感じた人もいるなど

匂いに関しては個人差があるようです。

また、羊水の主な成分が赤ちゃんのおしっこになって
赤ちゃんがまたそれを飲んでいるの?

と思うかもしれませんが、
羊水に排出される赤ちゃんのおしっこには老廃物は
入っていません。

飲んだ羊水は腎臓だけではなく、
消化管でも吸収されます。

老廃物は胎盤を通してお母さんに戻されるので
赤ちゃんのおしっこは綺麗です。

羊水の量ってどのぐらい?

羊水の量は赤ちゃんの成長に合わせて変わっています。
8週ごろから1週間で約10mlのペースで増えていき、

妊娠20週ぐらいで約350ml

30週~35週ごろで最大の約800ml
そのあとは徐々に減少して、

臨月の頃には約500mlになります。

健診を受けると、
体長や頭の大きさ、胴体の大きさや体重などをチェックしますが
同時に羊水の量もチェックしています。

羊水の量は超音波検査で調べています。

羊水ってどんな役割をしているの?

羊水役割

身体機能を高める

赤ちゃんは羊水の中で自由に動き回り体を動かしています。
この動きは胎動として感じることができます。

私たちは陸上よりも水中の方が負担が少ない状態で体を動かすことができるように、
赤ちゃんも負担が少ない状態で運動をして

関節や筋肉、骨格を発達させていきます。

呼吸器の機能を高める

赤ちゃんはお腹の中にいる時から
生まれてから必要になる肺呼吸の練習をしています。

お腹の中ではお母さんの胎盤から酸素をもらって
肺へ酸素を送っていますが、

赤ちゃんは空気の代わりに羊水を飲み込み
肺に送り込むことで酸素を肺に送り込む練習をしています。

肺へ羊水を送り、肺から出すことで肺の機能を高め、
呼吸器の機能を高めています。

消火器や腎機能を高める

赤ちゃんは羊水を飲み込むことで
呼吸の練習をしていますが

同時に消化器も使い機能を高めています。

生まれてすぐに母乳やミルクを飲んで
消化することができるのは、お腹の中で練習をしているからです。

羊水を飲みこむことで血液に吸収して腎臓に送り、
老廃物を濾過して尿を作る練習もしています。

老廃物は胎盤を通してお母さんに送られ
残りはおしっことして泌尿器を通して排出されます。

赤ちゃんが飲み込んでいる量と排出している量で羊水の量のバランスが
取られていくので、

羊水量は赤ちゃんが順調に発育しているかの目安にもなっていきます。

衝撃を和らげる

羊水は赤ちゃんを外側からの衝撃から守る役割をしています。
羊水がクッション代わりになるため、赤ちゃんには直接衝撃が伝わらないようになっています。

例えば、日常生活でお腹をぶつけてしまっても、
よほど強くぶつけない限りはしっかりと守られているため大丈夫です。

抗菌作用で赤ちゃんを守る

羊水は99%が水分でできていますが
残りの1%に色々な成分が含まれていて、

その中には
リゾチーム、トランスフェリン、ラクトフェリンなどの

抗菌物質も含まれていて
赤ちゃんを細菌感染から守っています。

また、赤ちゃんが尿として排出した中には
トリプシンインヒビターという物質が含まれていて

これは炎症を抑える働きをしています。

お母さんが感染症にかかってしまったときに
赤ちゃんに感染が広がらないように阻止する役割があります。

出産時には産道をこの抗生物質や炎症を抑える物質などで洗い流して
出産時の感染症を防ぐ役割も担っています。

肌を守る

赤ちゃんの肌はとてもデリケートですが、
お腹の中にいる間もそれは同じで、とてもデリケートです。

羊水の中にはヒアルロン酸も含まれているため
赤ちゃんの肌が乾燥しないようにして守っています。

出産時は産道を潤す役割をして
スムーズに生まれやすくしています。

赤ちゃんの体温を一定に保つ

お腹の中の赤ちゃんは自分で体温を一定に保つことができないのですが、
羊水のおかげで一定の体温を保つことができます。

お母さんが熱を出した時や寒くて体が冷えてしまった場合も
羊水の温度は一定に保たれているため

赤ちゃんの体温も保たれています。

羊水に関するトラブルは??

羊水トラブル

妊娠中は羊水の量がとても重要です。
羊水の量は赤ちゃんの健康状態の目安にもなっています。

特に妊娠中期以降は羊水の主な成分が尿で構成されるため、
多すぎたり、少なすぎると何か異常がある可能性が出てくるからです。

羊水に関わるトラブルは大きく分けると3種類です。

羊水過多症

妊娠の時期を問わず羊水量が800mlを超えると
羊水過多と診断されます。

羊水が多すぎると赤ちゃんが動きすぎ逆子になる確率や
早産、前期破水を引き起こす確率が上がります。

また、通常よりもお腹が大きくなるので

呼吸が浅くなったり、胃もたれ、吐き気、浮腫みやすくなる
という症状に悩まれやすくなります。

羊水過少症

妊娠の時期を問わず羊水量が100mlを下回ると
羊水過少と診断されます。

胎児の発育不良を引き起こしている可能性があるため
注意が必要です。

羊水混濁(こんだく)

赤ちゃんが子宮内で最初の便(胎便)を排泄して
羊水が黄色や緑に濁った状態です。

通常であれば赤ちゃんは産まれるまでは便は排泄しないのですが
酸素不足や過期妊娠などが原因で排便することがあります。

心拍が正常であれば問題はありません。

羊水検査について

羊水検査

羊水を調べることでわかることは色々あります。

・先天性障害などがないか調べる出生前診断
・低酸素などのストレスにかかっていないか
・羊水量からわかる赤ちゃんの健康状態

などです。

羊水検査とは?

羊水検査は出生前診断の方法の1つとして
よく知られている検査で、

妊娠15週~17週ごろに受けることができます。

羊水を採取して胎児の染色体や遺伝子情報を分析して
染色体異常や遺伝異常の有無を診断します。

胎児見られる異常はたくさんあるため、
羊水検査で原因が判明するのはそのうちの一部ですが、

羊水検査の精度はほぼ100%と言われていて
出生前診断の中でも確定診断として使われています。

羊水検査を受ける条件

羊水検査で異常の原因がわかることは少数で、
今後の妊娠の継続にも関わる検査なので条件は厳しくなっています。

・夫婦どちらかが染色体異常を持っている
・以前、染色体異常のある子どもを妊娠・出産した
・高齢出産

というような条件を満たし、
羊水検査のリスクを理解した上で実施することになります。

羊水検査のリスク

日本産婦人科学会の産科ガイドラインによると、
羊水検査の際の羊水穿刺が原因で300~500人に1人流産するリスクがあるとされています。

お腹にはりを刺すことで破水や子宮内感染を引き起こす可能性があるからです。

また、大量の羊水や胎児の成分がお母さんの血液中に流れ込んでしまい
呼吸困難などの症状が出る「羊水塞栓症」のリスクもあります。

羊水検査の費用

羊水検査は保険適用されないので全額自己負担です。
病院によって違いますが大体10~20万が相場です。

ですが、羊水検査の前の検査や、
新型出生前診断なども受けると、

総額30~40万ぐらいの費用になることもあります。

羊水検査でわかる染色体異常

主に診断できる染色体異常

・ダウン症(21トリソミー)
・エドワーズ症候群(18トリソミー)
・パトー症候群(13トリソミー)
・ターナー症候群
・クラインフェルター症候群

羊水検査は受けるかどうかよく話し合ってから

羊水検査は倫理上の問題が生じているのも事実です。

陽性が出たら中絶するというのは倫理的に許されないという意見と

先天性の障害を持つ子どもを育てるのは生活上とても大きな負担がかかるので
堕胎する選択権を認めるべきだという意見が対立しています。

羊水検査を受けて陽性だった場合、
生まれてから必要なケアや対応を予想できる一方、

その結果をどう受け入れるのかを
話し合う必要があります。

羊水検査をする場合は
「結果が陽性だった場合どうするか」

というのをよく話し合った上で受けるようにしましょう。

まとめ

羊水は赤ちゃんにとって重要な役割をしているというのがわかると
できるだけいい状態に保ってあげたいですね。

お母さんが健康であることが
羊水の状態をよくする方法です。

体に良いものを食べ、不要な物や害になるようなものは
できるだけ食べないようにしたり、

適度に運動をしたり、
ストレスを溜め込まないように心がけることが
とても大切です。

気にしすぎてストレスになってはいけませんが、
やはり食事の質はとても大事なので、

負担にならない程度に心がけてみてくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪