【アドレナリン】火事場の馬鹿力!アドレナリンのすごい効果と作用

こんにちは!
Smile Houseです。

「火事場の馬鹿力」という言葉があるように、

私たちは普段は到底できないことでも

極限状態に追い込まれた時に凄まじい力を発揮できることがあります。

実はこれは「アドレナリン」というホルモンの効果。

アドレナリンは私たちが興奮した時に分泌されている

イメージが強いですが、

私たちの可能性を伸ばしたり、限界を超えたパフォーマンスを

発揮させてくれるすごい作用があります。

今回は、アドレナリンとはどんなホルモン?や

アドレナリンの作用について紹介します。

アドレナリンとは??

アドレナリン

アドレナリンは闘争か逃走のホルモン

アドレナリンは交感神経が優位になった時に分泌されるホルモンです。

私たちの体には自律神経というのがあり、

自律神経は大きく分けると「交感神経と副交感神経」の2つに分けられます。

交感神経は緊張や興奮で活発化し、

副交感神経はリラックスした時に活発化して私たちの体を健康に保っています。

緊張しながらリラックスはできないというように、

この2つの神経は同時には働きません。

交感神経が活発化しているときはこのような場面です。

  • 恐怖や不安を感じた時
  • 緊張や興奮状態になった時
  • 空腹
  • 運動をしている時
  • 怒っている時、悲しい時

アドレナリンは交感神経を興奮させ、

動物が命の危機を感じた時に「闘争か逃走か」という選択を

即時に実行するために分泌されていて

「危険から身を守る」というのに相当するような感覚をもたらす

一種の麻痺に近い状態です。

アドレナリンは生存本能そのもので、アドレナリンが大量に分泌されているときは

人間の3大欲求(食欲・睡眠欲・性欲)も制限されるほど強い作用があります。

アドレナリンはストレスに反応する

アドレナリンが分泌される条件の鍵は「ストレス」です。

アドレナリンはストレスに反応して分泌されています。

生き物にとってのストレスというのは、

飢餓や敵に襲われるなど生命の危機に関わるものをさし、

アドレナリンの本来の働きは

そういった危機に瀕した際に、生き残るために分泌されます。

もしかしたら、大昔の人類はそういった危機や脅威に囲まれて

生活していたかもしれませんが、

現代人の場合は生命の危機に瀕することは稀ですね。

現代人はストレスの質が変わり、

私たちが感じるストレスの原因は人間関係、仕事、お金などが原因のものが増えています。

ストレスと聞くと、生命の危機というよりは、

イライラ、不安、恐怖、緊張というネガティブな感情を伴うもので

あまり良いイメージはないですね。

このようなストレスでもアドレナリンは分泌されます。

運動やトレーニングなどで身体を酷使した場合も、アドレナリンが分泌されています。

アドレナリンは脳のリミッターを外す

私たちは普段は持っているすべての力を使わないで生きています。

どうしてかというと、

いつもいつも身体や筋肉を限界まで酷使していると、体が耐えきれないからです。

無意識に脳がリミッターをかけていて自分自身のことを守っています。

火事場の馬鹿力というのは、

アドレナリンがたくさん分泌されてリミッターが外れた状態のことです。

このリミッターを外す方法は、危機的状況に追い込まれることですが、

意図的にその状態に近づける方法の1つに「大声で叫ぶ」というのがあります。

ハンマー投げの選手などは大声で叫んでいますよね。

あれは、大声でシャウトすることによって

自分の力を最大限に出せる状態に持って行こうとしているのです。

ですが、やはり無意識にブレーキはかかるので、

本当の火事場の馬鹿力と言われるような状態を

意図的に作るのは難しいと言われています。

アドレナリンが身体に与える作用

アドレナリン

では、アドレナリンが分泌されたとき

私たちの身体にどのような変化が起こるのでしょうか。

アドレナリンの作用の根っこは、血管の拡張や収縮をして血圧を上下して、

血流をコントロールすることで、ストレスのかかった状態でも判断して行動できるようにすることです。

身体の運動能力を向上させ、脳を覚醒させて集中力を上げたり頭の回転を早くします。

アドレナリンの作用:筋力が向上する

筋肉はアドレナリンが分泌されると血管が拡張して、血流が増加します。

そうすると筋肉が多くのエネルギーを生み出すことができるので、運動能力がUPします。

火事場の馬鹿力というのはアドレナリンが大量分泌され

一時的に筋力が上がっている状態のことです。

アドレナリンの作用:末端部分は血行が悪くなる

皮膚や頭皮、指先といった、判断するための思考や行動する運動能力に重要ではない場所では

血管が収縮して、血流が制限されます。

短時間なら、特に問題はないのですが長時間ストレスがかかる状態で

アドレナリンが分泌され続けると、血行不良で冷え性、抜け毛などの症状が起こります。

アドレナリンの作用:心臓の動きが活発になる

アドレナリンが分泌されると、心筋(心臓の筋肉)は収縮力を増すため脈拍が速くなります。

これによって運動による血液増加にも対応できるようになります。

緊張した時に、ドキドキと鼓動が速くなるのはアドレナリンの作用です。

アドレナリンの作用:気道が広がり、呼吸数が増える

アドレナリンが分泌されると、気道が拡張して呼吸は速く荒くなります。

体内の酸素量がUPしてたくさんの空気が肺に取り込まれるので、身体がより長い時間活動できるようになります。

アドレナリンの作用:血糖値が上がる

アドレナリンが分泌されると、肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲンの分解が促進されます。

グリコーゲンは血糖値を上げる効果があります。

肝臓で糖新生が起こりグリコーゲンが血中に分泌されると血糖値が上がるので、脳の覚醒が保たれます。

この作用がアドレナリンが集中力や判断力を高める効果を生み出しています。

筋肉の活動にもグリコーゲンは必要なので、継続した運動ができるようになります。

アドレナリンの作用:内蔵機能は低下する

アドレナリンが分泌されると胃や腸などの筋肉が弛緩するため

消化、吸収、排便などの機能は低下します。

また、腎臓の機能も制限されるので利尿効果も低下します。

アドレナリンの作用:脂肪燃焼が促進!

アドレナリンが分泌されると、脂肪細胞にあるアドレナリン受容体が

全身のエネルギーに必要な脂肪酸というのをつくりだします。

そのため脂肪細胞の燃焼が進みます。

アドレナリンの作用:体温が上昇、代謝が上がる!

アドレナリンによって筋肉の血流が増えると、エネルギー消費が増えるので

熱を生み出し、体温が上がります。

人は体温を一定に保つ働きがあるので、体温が上がると

発汗して保とうとするので、発汗が増え、代謝が上がります。

アドレナリンの作用:鎮痛作用

アドレナリンの受容体は痛みを抑制する鎮痛作用を持っています。

とても理にかなっていると思うのですが、

なんとか逃げ切るか、相手と闘って生き残らなければいけないという危機的状況で

「痛み」というのは身体の動きも判断力も鈍らせるので不要ですよね。

なのでアドレナリンが分泌されるような状況だと

たとえ骨が折れていても、体が動くように働きます。

例えば鬼ごっこをしている時、もう疲れてヘロヘロだとしても

急に鬼が現れたら、また走り出せますよね。

多分、仕事帰りにものすごく疲れて歩いていても

後ろから釜を持った妖怪が追いかけてきたら、猛ダッシュで走れると思います。

というか怖すぎて一心不乱に走って逃げますよね。

危機的状況になると私たちは自分の命を守るために力を発揮できるのです。

アドレナリンのデメリット

アドレナリン

自分の限界を超えたパフォーマンスができるからといって

どんどん分泌を促せばいいのかと言われるとそれは危険です。

アドレナリンは心身を興奮させるホルモンで、

分泌されると運動能力や判断力が上がって、やる気が生み出されたり、

仕事ではリーダーシップを発揮しやすくなると言われていますが、

その反面、攻撃的になって怒りっぽくなったり、キレやすくなるという面もあります。

アドレナリンは疾患につながる危険性がある

また血圧や脈拍が上昇するので、高血圧や心臓病、

血糖値が上がるため糖尿病、

交感神経が優位な状態が続くので、副交感神経が働かず

不眠症などの疾患につながる恐れがあります。

常に興奮状態なので、自律神経のバランスが崩れ、

自律神経失調症の症状が出てくる可能性もあります。

脳への血流が増えて混乱し、パニック症状を起こすこともあります。

アドレナリンは依存性が高い

アドレナリンが出ている状態は簡単にいうとハイになっている状態です。

凄まじい勢いで仕事をやりきって、

休日を迎えたらストレスから解放されてリラックスできますよね。

この時にアドレナリンの離脱症状を感じることがあります。

何か落ち着かない、不安を感じるなどの症状です。

ストレスを減らしたいと思いながらも、

無意識にアドレナリンが分泌されているハイな状態を楽しみたいという願望が出てきて、

何かしなければと焦ったり、

ストレスのある状況を作ってまた頑張ろうとして

アドレナリンを放出させることのできる状態を自ら作り出そうとするのです。

そういうことを繰り返していると、

アドレナリンを作っている副腎は疲弊しますし、

心も体も疲れて、気力がなくなり、無気力になるというようなループも起こり得るのです。

アドレナリンが依存性が高いのは、

アドレナリンが分泌されて脳に達すると、

エンドルフィンやドーパミン、ノルアドレナリンといった物質も分泌され始めます。

エンドルフィンはモルヒネと同じような鎮痛作用、

ドーパミンは人の活力を生み出し、

ノルアドレナリンは集中力や判断力を向上させます。

人が気持ちいいと感じる効果のある物質が同時に出るので

私たちにとっては最高に気持ちよく、また味わいたくなる感覚なのです。

アドレナリンは枯渇する

極度のストレスが長く続く状況や、戦争などの生命の危機を感じている場合は絶えずアドレナリンが分泌されます。

そうなるといつかはアドレナリンの材料が不足して、アドレナリンが分泌できなくなります。

アドレナリンが枯渇してしまうと、私たちはストレスに対抗することができないので

無関心、無気力、感情鈍麻といったうつ症状が出て、闘争や逃走をすることができなくなります。

戦争を体験した兵士の方や、震災などで被災した人、日常的にストレスにさらされ続けた人が

PTSD(心的外傷後ストレス障害)やASD(急性ストレス障害)を発症するのは

強いストレスが原因で、以後のストレスに対応できなくなるからです。

アドレナリンの作用を効果的に使う方法

アドレナリン

アドレナリンの本質はストレスに抗うこと。

私たちは野生の動物のように命の危機を感じることはないですが、

現代は様々なストレスにあふれていますね。

アドレナリンの作用をうまく利用すれば、私たちにとってプラスの効果を生み出せます!

アドレナリンを分泌する方法や効果を上手に使う方法をご紹介します。

アドレナリンの使用法:運動能力を向上させる

体を動かす運動は、それ自体がストレスになるのでアドレナリンが分泌されます。

また、アドレナリン身体への作用でパフォーマンスは上がりますね。

スポーツ選手が大声を出したり、顔などを強く叩いているのは、

意図的にアドレナリンを分泌してパフォーマンスを上げようとしているのです。

コーチや監督が、わざと強く叱咤激励しているのは、

選手のアドレナリン分泌を促進させるためです。

アドレナリンの使用法:ダイエット効果が抜群!

運動をするとアドレナリンが分泌されます。

そして先ほど紹介しましたが、アドレナリンには

食欲低下、脂肪燃焼促進、新陳代謝UPという効果があります。

アドレナリンが分泌されると、肝臓でグリコーゲンの分解が促進され血糖値が上がり、食欲が低下します。

そして脂肪細胞の燃焼が促進され、

運動をすると体温も上がり、代謝がUP。

運動をするとエネルギーが消費されてお腹が空きそうですが、

実はそんなことなく食欲は低下します。

アドレナリンが運動によって分泌されるという特性を上手に利用すれば

食欲低下、脂肪燃焼効果、代謝UPのアドレナリンと

運動の効果が合わさってダイエット効果がグーンと上がります。

アドレナリンの使用法:勉強に生かす

アドレナリンは脳を覚醒させて、集中力や判断力を高めます。

ぼーっとするよりは、タイムリミットや目標を設定して

ストレスを与えて集中して臨むと結果は大きく変わってきます。

初めは全くやる気がなかったけれど、時間が迫ってきて

すごく集中できたというのはアドレナリン効果ですね。

アドレナリンの使用法:仕事に生かす

仕事は常に結果を求められますので、その時間そのものがストレスです。

その中で結果を残すためには、アドレナリンを分泌して集中力や判断力を高めていく必要があります。

休みはしっかり休んで、仕事中はアドレナリンが程よく分泌されるように

自分自身を管理する力をつけることが、仕事で結果を残していくコツです。

アドレナリンとストレスをコントロールする!

私たちは日常生活でストレスをたくさん受けているので

アドレナリンはどんどん作られています。

作られたアドレナリンは溜め込むのではなく、分泌させる必要があります。

そのため、適度な運動は身体や心にとても効果的なのです。

アドレナリンを運動で分泌させると、エンドルフィンという物質がたくさん分泌されます。

きつい運動をすると、その苦痛を和らげようとエンドルフィンがたくさん分泌されます。

すっごいしんどかったけど、終わってみたら高揚感を感じて気持ちよかった〜っていう感覚です。

こういう体験をしていると、脳は運動すると快感を味わうことができると覚えていくので、

運動をすることが楽しくなり、もう今日は面倒くさいと思っても

やっぱり運動はしなくちゃ気が済まない・・というような習慣ができていきます。

もちろん過度に酷使しすぎてアドレナリン依存になってしまっては元も子もないですが、

毎日運動せずにはいられない程度なら「運動する習慣がついた!」という

健康的な作用なので気にしなくても大丈夫です。

アドレナリンは上手に付き合えば、私たちのパフォーマンスを向上し、

ストレスともうまく付き合っていけるホルモンです。

【ドーパミン】やる気の源!ドーパミンのすごい効果と増やす方法

2017.04.19

ママ向けサポートコミュニティ
『子育てカフェ』

子育てお役立ちコラム配信(週1回)
リアルタイムオンラインセミナー(月1回)
代表が動画で質問に回答(不定期)
※配信周期は変更の可能性があります

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪