2歳児にオススメ!絵本10冊厳選してまとめました★

こんにちは。
Smile Houseの妙加です。

2歳ごろになると、習い事を始める子や
保育園に入園する子がいたりと

だんだんと外の世界と触れ合う機会も多くなってきて
赤ちゃんから幼児に近づいてくる頃です。

この頃になると頭の中で物事を思い浮かべることができるように
なってくると言われていて、

お昼にあったことを夜にお話できたり、
絵本などのストーリーも簡単なものなら聞けるようになってきます。

心もすごく発達する時期なので、
絵本は時間がある限りたくさん読んであげてくださいね!

今日は2歳児の絵本の選び方と
オススメの絵本を10冊紹介します

0歳、1歳にオススメした絵本にプラスして
読んであげてください。

選ぶコツは5つだけ! 1歳児の成長に効果的な絵本13冊選びました

2017.05.09

赤ちゃんが喜ぶ絵本の選び方のコツ! 0歳の赤ちゃんにオススメの絵本紹介します!

2017.05.05

2歳児の絵本の選び方

2saijiehonerabikata

2歳頃になると、話せる言葉や自分でできることも増えてきます。
同時に身の回りにある色々なことに興味がわく時期!

生活習慣を整えたり身につけるにもぴったりの時期です。

そして言葉や行動を身につけるために1番大切なのは
繰り返すこと!

1回聞いたりやってみるより
10回繰り返すほうが絶対身につきますよね。

絵本の読み聞かせも子どもが言う限り
何回でも同じ本を読んであげてくださいね。

選ぶときのポイントは3つ!

文章が繰り返しのもの

対象年齢が適切

楽しく躾ができる絵本

1つ目の文章が繰り返しが大事なのは
言葉は何回も聞くことで覚えていくので

1冊の間に同じ言葉が何回も出てくる絵本は
読むだけで言葉の繰り返しができるのでオススメです。

2つ目の対象年齢が適切というのは、
1歳までのオススメ絵本はストーリーはあまり重視せずに

絵がはっきり描かれていたり、
擬音語が多くリズムが楽しいというようなところを

重視してオススメしてきたので
対象年齢は考慮していなかったのですが

2歳ぐらいになるとストーリーも理解できるようになってくるので、
簡単で短めの文章で出来ているものを選ぶのがオススメです。

絵本の対象年齢は子どもの発達に合わせて
作られているので、

対象年齢が2歳〜3歳ぐらいの絵本を選ぶと
ストーリーも理解できてじっくり聴きいってくれる

絵本に出会える確率が上がると思います!

3つ目の楽しく躾が出来る絵本は、
勉強や生活習慣を身に付けたい時にオススメです。

2歳ぐらいになると、真似をすることも増えるし
真似をすることも上手に出来るようになってきます。

公園に行った時も、
じーっと誰かがしているのをみて、自分も!とやってみようとする光景を
頻繁にみるようになる頃だと思います。

楽しく真似しながら生活に必要なことを
知れていくと少し楽になるかもしれませんね。

2歳児にオススメの絵本10選!

なにをたべてきたの?

naniwotabetekitano

(佼成出版社)

お腹をすかせた真っ白なしろぶた君。
何か食べるものはないかなぁ?と探し始めます。

そこで見つけたのは美味しそうなりんご!
「いただきまーす」

ペロリと食べ終わったしろぶた君のお腹に・・・
あれれ?綺麗な赤い色!

まだまだ腹ペコなしろぶた君はメロン、ぶどうもペロリ。
食べるたびにしろぶた君のお腹に綺麗な色が並んでいきます。

次に見つけたのは、せっけん!
それも食べちゃうのかな・・・?

1978年に発売されてからずっと愛されている絵本です。
優しい口調の言葉と、シンプルだけれど鮮やかな絵がとても素敵な1冊です。

naniwotabetekitano

ねないこだれだ

nenaikodareda

(福音館書店)

「ねないこだれだ?」
時計がなります

ボンボンボン・・・
「こんな時間に起きてるのはだれだ?」

夜は寝る時間だよというお話なのですが
最後はお化けに連れて行かれておしまい・・・と

ちょっと怖くてドキドキします。

子どもにとっては少し怖いお話でも、
お父さんやお母さんが読んであげれば大丈夫。

意外とこのドキドキが面白くて何回も「読んで!」と
言われるかもしれません。

nenaikodareda

きんぎょがにげた

kingyoganigeta

(福音館書店)

「きんぎょがにげた どこに にげた」

から始まって、逃げたきんぎょを探していく絵本です。
この絵本は本当に色彩が綺麗!

みているだけでもすごく楽しいのですが、
きんぎょを探すというのをぜひ一緒にやってみてくださいね。

言葉も簡単なので、
次第にひらがなも読めるようになっていくかもしれません♪

kingyoganigeta

わにわにのおふろ

waniwaninoohuro

(福音館書店)

お風呂が大好きなワニのわにわにのお話。
お湯に浸かって、おもちゃで遊んで、シャワーをマイクにして歌をうたう!

読んでいるだけでなんだか楽しくなってきます。

ちょっと強面(?)なわにわにが
すっごく楽しそうにお風呂に入っている姿がやけに可愛らしい(笑)

わにわには他にも、
「わにわにのごちそう」や「わにわにのおでかけ」と

シリーズ化されている人気の絵本です。

waniwaninoohuro

やさいのおなか

yasainoonaka

(福音館書店)

野菜のおなかって何だろう?と思ったのですが、
読んでみて納得、断面図のことでした。

わかりやすいものから
みたことあるような、ないような・・・

ちょっと難しいものまで。
なんだろう、って考えるのは想像力を豊かにしてくれます。

子どもの自由な発想から出てくる答えもたくさん聞けるかもしれません。
一緒に考えながら読んでみてくださいね。

yasainoonaka

おでかけのまえに

odekakenomaeni

(福音館書店)

日曜日の朝に、いいお天気だったので
ピクニックに行くことになったあやちゃん。

お母さんのお弁当作りをお手伝い
お父さんの荷造りをお手伝い

お手伝いしたいんだけれど
でもどれもこれもうまくいきません・・・。

でも、うまくできなくても
楽しいピクニックに行くお手伝いがしたいんです。

ウキウキと心を弾ませてお出かけの準備をしている
あやちゃんの様子が伝わってきます♪

odekakenomaeni

ちびゴリラのちびちび

chibigorirachibichibi

(ほるぷ出版)

森のみんなに愛されているちびゴリラのちびちび。
ちびちびの成長を見守り、お誕生日をお祝いする絵本です。

たくさん動物が出てくるのですが、パステル調の絵がとても美しく、
読んでいてほっこりする1冊です。

chibigorirachibichibi

めのまど あけろ

menomadoakero

(福音館書店)

「めのまどあけろ おひさまがまってるぞ」
「みみのまどあけろ だれかがうたってる」

朝の目覚めから、顔を洗って、お出かけ、
部屋で遊んで、お片付けをして・・・・と1日の出来事を

リズムよく、口ずさみやすい言葉で書かれている絵本です。

menomadoakero

おおきなかぶ

okinakabu

(福音館書店)

すっごく有名なお話ですねー!
おじいさんが庭に植えた大きなかぶを

「うんとこしょ、どっこいしょ」と
抜こうとしますが、まだまだかぶは抜けません。

おばあさんを呼んで、おばあさんがおじいさんを引っ張って
おじいさんがかぶを引っ張って

「うんとこしょ、どっこいしょ」

それでもかぶは抜けません・・・。

と同じ言い回しの言葉がたくさん使われていることと、
うんとこしょどっこいしょのリズムが楽しい絵本。

単純なことの繰り返しですが、とっても面白いです。

okinakabu

ぞうくんのさんぽ

zoukunnosanpo

(福音館書店)

今日はいい天気。ぞうくんは散歩に出かけます。
最初に出会ったのはかばくん。

「いっしょに行こう」とかばくんを誘うぞうくん。

「せなかに乗せてくれるなら いいよ」

というかばくんを背中に乗せて出かけます。
しばらく行くと今度はわにくんに出会います。

「いっしょに行こう」とわにくんを誘うぞうくん。

「それじゃあ ぼくも せなかに乗せてよ」
とわにくんはかばくんの上に乗りました。

次々に出会った動物を背中に乗せて歩くぞうくんだけれども・・・。

絵も鮮やかでとても綺麗でオススメです!

zoukunnosanpo

子どものお気に入りを見つけましょう!

この頃になると、だんだんお気に入りや好みも
子どもによって分かれてきます。

出来るだけたくさん読んであげて、
ぜひ子どものお気に入りを見つけてあげてくださいね。

シリーズ化されている絵本が気に入ったなら
揃えるのがオススメです。

今までに読んでいた絵本も引き続き読み続けてあげてください。

ストーリーがわかるようになってきて
今までとは違う反応が見られて、子どもの成長を

感じるかもしれませんよ〜っ!

読み聞かせをしながら
親子の時間をたのしんでくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪