2歳児にオススメ!室外&室内の遊びまとめました★

こんにちは。
Smile Houseの妙加です。

2歳になると、運動能力が格段に高くなります!

たくさん歩けるようになり、両足でジャンプしたりと
行動範囲も広がります。

一緒に遊ぶ方もクッタクタですね(笑)

また、自我も芽生えていやいや期真っ只中っていう
お母さんも多いはず。

何に対しても「いや」と言っていても
大好きなお母さんと過ごす時間が子どもは大好きです。

2歳児と遊ぶ時のポイントをおさえつつ
オススメの遊びを紹介していきますので参考にしてくださいね。

2歳児と遊ぶポイント

2歳児遊びポイント

発達の段階で子どもは必ずイヤイヤ期を迎えます。(第一次反抗期)
ちょうど2歳頃にピークになる子が多いと言われています。

自分で色々なことができてくる反面、まだまだ思い通りにできないギャップがあり
やりたいけどできない、と癇癪を起こすことも度々ありますが

遊ぶ時のポイントとしては
・気のすむまでやらせてあげる

ということが大切です。

少しハラハラすることもあるかもしれませんが、近くで見守り、
やりたいと思っている気持ちを尊重してあげてください。

やってみてできなかったとしても
「ほらできなかったでしょ」なんて言わずに

悔しがったり、イライラしていたりで
癇癪起こした時はその気持ちを汲み取ってあげてください。

逆に一人でできたときは思いっきり褒めてあげてくださいね。

自分で色々なことに挑戦してみたいという気持ちは
とても大切なものなので認めて見守っていきましょう!

イヤイヤ期と癇癪については以前にどう関わると良いのか?
をブログでまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

イヤイヤ期っていつからいつまで?効果のあるオススメ対応はコレ!!

2017.05.16

知ってました?癇癪は⚪︎⚪︎⚪︎を深めるチャンス!?これでばっちり神対応!!

2017.04.25

2歳児にオススメの室外遊び

2歳児室外遊び

鉄棒

まだ前回りや逆上がりといった運動は難しいですが、
2歳頃になるとぶら下がることはできるようになってきます。

自分の力でぶら下がって、足や体をぶらぶらさせることも
とてもいい運動ですし、腕の力もつくのでオススメ!

自分では届かないところに抱っこであげてもらって
ぶらぶらとぶら下がる感覚が新鮮で喜んで楽しむ子どもも多いですよ〜⭐︎

ボール遊び

2歳になるとただ投げる、転がすだけでなく
追いかけながら蹴る、両手や片手など色々な方法で投げる

などボール遊びの種類もたくさんできるようになってきます。

一緒にボールを蹴ってサッカーをしたり、
的を設定して的当てをしたりといった簡単なゲームもできます。

コミュニケーションもたくさん取れる遊びなので
ぜひ一緒に遊んでくださいね。

ブランコ

ブランコも一人で乗りたい!と言うようになります。

実際は、まだ一人では乗れない場合が多いですが、

乗せてあげてほんの少しだけ揺らすだけでも
できそうであればしてあげてください。

そのときは
背中にそっと手を添えたり、すぐ近くで見守ってくださいね。

また、公園によっては、
幼児用のガード付きのブランコがあるところもあるので
それだと安心して乗せることができます。

追いかけっこ・影踏み

2歳になると走るのもとても上手になってきます。

ただ走るだけも良いですが、少しレベルアップして
追いかけっこもオススメです。

お母さんが鬼になったり子どもが鬼になったり
役割も交代して遊びましょう。

ただ自分が走るだけでなく、
「追いかける」や「逃げる」というのは

相手のことも見なければいけないので
より夢中になって遊んでくれます。

また、自分の影やお母さんの影を追いかける影踏みもオススメ。

影が光の当たり具合によって向きや大きさが変わることや
自分自身の認知にもつながります。

全身を思いっきり動かすことでイヤイヤ期のストレスも発散されて
子どものコンディションも整います。

砂場遊び

スコップで砂を掘る、ジョウロで砂を固めて形を作るなど
砂場遊びは色々なことができます。

山を作ったり穴を掘ったり、1度始めると集中して
創作を始める子もいます。

間違えて砂を食べてしまわないように見守ってあげてください。

滑り台

この頃になると次第に階段の登り下りも上手にできるようになってきます。

滑り台を滑るためにまずは自分の力で階段を登るというのは
目標に向かって頑張る体験をすることもできますよ〜!

ただ夏場の滑り台はかなり熱くなっているものもあるので
温度は先に確かめてあげてくださいね。

シャボン玉

まだ吹くのは難しいかもしれませんが
お母さんが吹いた
ふわふわと不規則に飛んでいくシャボン玉を追いかける遊びは

満面の笑顔で遊んでくれる子が多いように思います。

眺めているだけでもキラキラして綺麗ですし
オススメの外遊びの1つです。

2歳児にオススメの室内遊び

2歳児室内遊び

ひも通し

ひも通しのおもちゃも売っていますし、
自作するなら厚紙などに穴を開けて紐を通せるようにしておきます。

紐の先はテープなどで硬くしてほつれないようにしておいてくださいね。

紐の通し方は何通りもあるので集中力を育てる効果もあります。
手先も器用になりますしいいことづくしです。

新聞ビリビリ

1歳の頃から引き続き新聞紙や包装紙があれば
ビリビリちぎる遊びを続行しましょう!

紙吹雪のようにするのも楽しいですし、
もうお片付けも一緒にできるので
遊んだ後は一緒に袋にまとめて

ふわふわのボールにして遊んでも楽しいです!
(袋に面白い顔書いておくとさらに楽しさUPです笑)

積み木

積み木もオススメの知育玩具です。
初めは単純に積んで崩すという繰り返しで十分楽しめます。

次第に色や形から色々なものを空想しながら遊ぶ
見たて遊びを始めます。

積み木で電車や家を作ったり庭を作ったり
想像力を育てる効果もありますよ〜。

お絵かき

2歳になるとお絵かきがとても進歩します!

手の力がついてくるのでクレヨンなどもしっかりと握って
力強く書けるようになりますし、

殴り書きだったものが、人の顔や手足などを書き始めます。
色の認識や線や丸を書くことは脳へも良い刺激なので

たくさんお絵かきさせてあげましょう。

しっぽ取り

室内で体を動かせる遊びです。

ハンカチなどをズボンから垂らして
そのしっぽを取るという単純な遊びですが、

結構楽しめます!

最初はお母さんが追いかけてあげて
ルールがわかってきたら子どもと役割を交代してみてください。

実は子どもにとって「走る」と「しっぽを取る」と、
2つの行動をするのは苦手なことなんです。

遊びながらその力を養うことができます。

的当て

紙に丸を書いて壁に貼るだけで的は簡単に完成!

色々な色で丸を書いていくつか的を用意して
少し距離を変えて用意するとより楽しめます。

的に当たったらハイタッチ!で
室内でもとっても盛り上がります。

まねっこ遊び

動物などの真似をします。

「うさぎ」は頭の上に手でぴょんぴょん
「ちょうちょ」は両手を羽に見立ててひらひら
「いぬ」は四つん這いでワンワン

など、身近にいる生き物になって遊びます。
子どもと一緒に表現の仕方を考えても楽しいです!

慣れてきたら子どもが主体で考えれるように関わると
より良いですね。

ねんど遊び

2歳頃になると、間違って食べるということも減ってくるので
粘土遊びもバリエーションを広げていけますね。

にぎにぎするだけだったのが次第に簡単な形を作ったり
型抜きを使うことなどができるようになります。

粘土も子どもと一緒に遊べるので
ぜひ一緒に遊んでくださいね。

風船遊び

2歳頃になると室内ではボールよりも
風船がオススメです。

ふわふわと不規則な動きに合わせて遊ぶだけで
子どもの五感は色々と刺激を受けます。

飛ばす、蹴る、投げる、うちわなどで仰ぐなど
風船1つでたくさんの遊びができます。

読み聞かせ

だんだん絵本に書かれている絵に興味を持ったり、
知っているものが出てきたら指をさしてたくさん教えてくれるように

なってくる頃です。

読み聞かせは子どもの発達に欠かせないので
遊びの時間だけでなく、時間のある限りたくさん読んであげてください。

体操

音楽に合わせて体を動かしたり、簡単な体操を一緒にするのも
とっても楽しいですよ〜!

音楽1つで楽しく、しかも全身を動かせるのでオススメの室内遊びです。

子どもの主体性を大事に遊ぶ

2歳児遊び

2歳児はイヤイヤ期も重なり、遊んでいる時に
癇癪を起こすことも少なくありません。

1歳の頃はお母さんが主体で色々な遊びをすることが
多かったと思いますが、

2歳ぐらいの子と遊ぶときは
子どもがしたいと思っている気持ちを尊重して

子どもの主体性を大事にして一緒に遊びましょう!

毎日クタクタかもしれませんが、
ぜひイヤイヤ期がなぜあるのか?という記事も参考にしながら

子どもとの時間を大切に過ごしてみてくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪