1歳児の離乳食って何を気をつけるの?オススメの食材と気をつけたいポイントまとめました

こんにちは
Smile Houseの妙加です

1歳を過ぎてくると大人と同じように1日3回の食事ができるようになってきます。
その時期を目安にそろそろ離乳食を卒業する完了期という工程に入ります。

食べられるもの、新しく挑戦できるものも増えてくるので
お母さんのご飯作りも楽になりますよ!

と言っても、まだまだ気をつけておきたいこともたくさんあります。

なので今回は、1歳の頃のご飯は?離乳食はどんなものがいいの?
気をつけておきたいことは?というのをまとめました。

1歳以降の食事ってどうすればいい??

1歳児食事

離乳食の完了時期は??

離乳食にはいくつか段階があり、
徐々に食べる量や食べる種類を増やしていきます。

10倍粥をすりつぶしたものからスタートする
「ごっくん期」(生後5ヶ月〜6ヶ月頃)

舌で潰せるぐらいの柔らかさのものをモグモグする練習をする
「モグモグ期」(7ヶ月〜8ヶ月)

歯茎で食べ物を噛む練習をする
「カミカミ期」(9ヶ月〜11ヶ月)

そして、1日3回、大人と同じようなメニューのものが食べれるようになってくる
「パクパク期」(12ヶ月〜18ヶ月)

離乳食の完了期は口の中で左右に食べ物を動かし、
歯茎で噛んだりすりつぶして食べれるようになってくる

パクパク期と呼ばれる時期を目安にします。

急に離乳食を止めるのではなく、子どもの発達に合わせて
1歳頃から準備を始め様子を見ながら徐々に完了させていきます。

発達の目安は
・大人と同じリズム1日3回の食事をとることができる
・5倍粥ぐらいの硬さのものを食べることができる
・肉団子、バナナぐらいの硬さのものを歯茎を使って潰せる
・食材を噛む仕草をしている

を1度目安に子どもの様子を見てくださいね。

離乳食完了期の食事の回数は?おやつって必要?

食事の回数は1日3回、大人と同じ回数にします。
ですが、まだ1回にたくさんは食べれません。

ですので食事の合間に間食(おやつ)で
栄養を補うのがオススメです。

おやつは、赤ちゃん用のスナック菓子などもありますが、
食事でまかないきれない栄養分を捕食するというイメージで

果物(ビタミン)やパン(炭水化物)などを
少量食べさせるのをオススメします。

食事のリズムとしては朝は7時〜8時、昼は12時前後、
夜は17時〜18時頃にして

朝と昼、昼と夜の合間に
食事に支障が出ないぐらいの量のおやつで捕食するといった
生活スタイルを整えていきましょう!

ご飯を1日3回食べれるようになる頃から
食事だけでなく、お昼寝、睡眠、遊びなどの

1日を通しての生活リズムを整える意識をしてくださいね。

この頃に生活リズムを整えて習慣にしていると
いやいや期の始まる2歳前後も

その先のしつけも少し楽になります.

離乳食完了期の食事量は??

食べる量は子どもによって違いますが
目安量を紹介しておきますね。

1回あたりの食事量の目安

主食
・軟飯・・・80〜90g
・柔らかく茹でたうどん・・・1/3〜1/2
・パン・・・ロールパン1つ

主菜、タンパク質
・肉か魚・・・15g
・豆腐・・・50g
・乳製品・・・100g

ビタミン類
・野菜や果物・・・50g

また、母乳は飲みたがるだけ与えて大丈夫です!

徐々に1日の栄養摂取の割合は
食事80%、母乳20%ぐらいの割合にしていきましょう。

調理のコツは?

基本的に生物は控えて
火を通して調理します。

固さは歯茎で潰せるぐらいに茹でます。
指で押しつぶせるぐらいを目安にするとわかりやすいです。

ご飯なら軟飯、麺類なら大人用より長めに茹でて柔らかくして小さく切る、
野菜は1センチ角ほどの大きさに切ります。

子どもが自分で手で食べたがる時はスティック状にするなど
切り方に工夫をしてくださいね。

メニューは大人と同じようなものが食べれるようになってきますが
味付けは薄めに!

この頃から調味料をたくさん使って濃い味に慣れてしまうと
偏食気味になったり、生活習慣病につながる可能性があります。

素材の味を楽しめるような調理方法を基本にします。

・出汁を活用する
化学調味料で味をつけるのではなく
出汁をとったり、野菜を煮込んだスープで味に変化をつける。

少し時間のあるときに鰹出汁や昆布だし、合わせだしなどを
まとめて作っておくと便利です。

・食材を少しずつ変える
毎日同じ食材だと飽きてしまいますが
調味料で味の変化をつけるのではなく

少しずつ食材を変えて変化を作るのがオススメです。

調理の際に、子どもの分だけ先に茹で始める、
子ども用に薄味に1度味付けして取り出してから

大人用に追加で味付けをするなどすれば
調理の時間も短縮できて楽です。

食事の時間を楽しむ

離乳食が終わりになる頃には
子どもによっては食べムラや遊び食べをし始める子もでてきます。

ですが、この頃の子どもを叱っても
理解できずあまり意味がないので、

食事を楽しくできる工夫をしていきましょう。

自分で色々なことをしたいという欲求も
出始めてくる頃なので

うまくできなくてもスプーンをもたせてあげて
一緒にご飯を食べるだけでも、

進んで食べてくれる場合もありますよ。

離乳食完了期に注意したいこと

離乳食完了期注意

離乳食も終わりに近づいて、大人と同じようなメニューを
食べれるようになってきても注意したいことが2つあります。

それはアレルギーと調味料です。
1つずつ紹介していきますね。

アレルギーに注意。

近年では食物アレルギーを持つ人が増えています。

食物アレルギーはその原因となるものを食べた際に
発疹が出たり、痒みを伴ったりという症状が出ますが

重篤な場合は呼吸困難になったり、
激しい発作を起こして命に関わることもあるので

たかが食物アレルギーでしょといった風に軽く考えていては危険です。

日本ではその食材を含んでいる場合に必ず表記しなければならない
特定原材料7品目と

表示が勧められている20品目があります。

これらは、アレルギー症状が出る可能性が高いものや
症状が出た際に重篤になりやすいものです。

アレルギー7品目

乳、卵、小麦、蕎麦、落花生、えび、かに

アレルギー20品目

あわび、いくら、オレンジ、キウイ、牛肉、くるみ、鮭
鯖、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、山芋
りんご、ゼラチン、バナナ、ごま、カシューナッツ

以上の食材がアレルギーの出る人が比較的多い食材になっています。

ですが、ここ書いてある食材、書いていない食材に関わらず
新しく挑戦する食べ物は1回で1種類にしておきましょう。

中には何種類もアレルギーを持っている子もいますし、
どの食材でアレルギーが出るかわからない状態で

新しく色々と食べさせるのはリスクが高いと思います。
新しい食材は少しずつ、焦らずに試していきましょう。

調味料に注意

人の味覚は、甘味、酸味、苦味、塩味、うま味を感じる
味蕾(みらい)という感覚が舌にあるのですが、

赤ちゃんの頃は大人の1、3倍味蕾が存在しているといわれています。

なので、大人に比べて味覚が敏感なので
薄味でも十分に味を感じることができるのです。

味見をした時に、「ちょっと薄いかな〜?」と感じたなら
それは少し濃すぎるぐらいです。

また、内臓もまだ発達仕切っていないので
濃ゆすぎる味付けは体に負担がかかります。

調味料を使うとしたら風味づけ程度にして
「薄すぎて美味しくないかなぁ」と思うぐらいからスタートしましょう。

気をつけたい調味料をいくつか紹介します

砂糖

砂糖はわざわざ料理に使用して摂取しなくても様々な食品に含まれています。

なので甘みをつけたい時は、かぼちゃ、さつまいも、りんご等
甘みを感じやすい食材を少し混ぜるのがオススメです。

ですが、甘みがあるからといって
はちみつを使う時は注意してください。

はちみつの中には自然界にはたくさん存在しているけれど、
食中毒の原因にもなるボツリヌス菌という菌が含まれています。

大人が少量食べてもなんら問題ないのですが、
腸内環境が整う1歳未満の子どもがボツリヌス菌を摂取すると

菌の増殖が抑えられず乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性があると
いわれています。

万が一食べてしまっても
日本で売られている市販のはちみつを購入して使用して発症したという例はほとんどありませんし

そしてはちみつを食べたら必ず発症するわけでもありませんが、
発症すると重篤になりやすく死亡例もありますのではちみつを食べさせる場合は

アレルギー食品と同じように子どもの様子には注意してくださいね。

塩は腎臓に負担がかかるので基本的には控えます。

もし使用するなら、
1歳ごろで1食0.5gほどにしておきます。

大人の舌で塩気がなくて美味しくないと思っても
子どもの舌では十分に味を感じることができます。

醤油

醤油も塩分が多い調味料なので出来るだけ控えます。
1歳ごろで1食小さじ2/3ぐらいが目安です。

バター

バターは油物で塩分も高めです。
使用する場合は無塩バターにするなどの工夫をしてくださいね。

ケチャップ

なぜか(?)子どもにはケチャップが好きな子が多く
人気の調味料ですが

離乳食完了期の子どもには味が濃すぎます。

トマトピューレや無塩のトマトジュースなどを使って
ケチャップは風味づけ程度の量から始めていきましょう。

マヨネーズ

マヨネーズにはアレルギー7品目の1つ卵が含まれています。

卵はアレルギーが出やすいので、マヨネーズを使用する場合は
先に卵アレルギーがないか確認してからにしましょう。

もしアレルギーがなかったとしても、味が濃ゆいので
ほんの少量からにしてください。

離乳食完了期に挑戦できる食材まとめました

離乳食完了期食材

離乳食完了期は色々な食材に挑戦していける時期なので
完了期すぐに挑戦できる物、少し様子を見た方が良い物など

目安としてまとめてみたので参考にしてくださいね。

すぐに挑戦して大丈夫といっても
・初めての食材は1品ずつ!
・柔らかさは歯茎でもぐもぐできるぐらい!
・小さく切っておく

ということを忘れずに!

炭水化物

すぐに挑戦できる物
・米(軟飯から始めて白米へ)
・米粉パン
・ビーフン(柔らかめに茹でる)
・コーンフレーク(無糖のものを柔らかく煮る)
・オートミール(柔らかく煮る)

小麦(アレルギー7品目)がOKであれば。
・ロールパン、食パン
・バケットやフランスパン(白い部分)
・うどん、そうめん(塩分を含むので茹でた後水にさらす)
・スパゲティ、マカロニ(弾力があるので柔らかめに)

様子を見ながら。
・菓子パン(塩分、油分が多いため)
・中華麺(弾力が強いため、1歳頃から小さく少量で)

しばらく控えるのがオススメ
・もち、玄米、もち米(喉に詰まらせる可能性が高いため)
・そば(アレルギー症状が出た場合アナフィラキシーを起こすことがあるため)

大豆製品

大豆はアレルギー20品目です。
大豆がOKであれば基本的に色々と挑戦できます

・豆腐
・きな粉(風味づけ等に便利)
・納豆(細かく刻む)
・高野豆腐
・油揚げ(熱湯で油をしっかり落とし、噛み切りにくいので細かく刻む)
・大豆、枝豆(柔らかく茹でて、刻むか潰す)
・おから

卵はアレルギー7品目です。
初めての場合は慎重に、ごく少量にします。

何日か少量ずつ食べさせて様子をみても良いです。
(生卵は食中毒の可能性があるので控えます)

・卵黄(しっかりと火を通す)
・卵白(卵黄に慣れてから加熱して少量ずつ)

すぐに挑戦できる
・たい、ひらめ、かれい
・たら(塩だらではなく生だらを使う)
・かじき、ぶり、さわら
・マグロ、カツオ
・あじ、さんま、いわし(小骨を取って、ほぐしておく)

アレルギー20品目なので少し注意
・さけ
・さば

魚介類

様子を見ながら
・桜エビ(鍋やスープなどの出汁程度であれば少量ずつ)
・たらこ(塩分が高いため、加熱してほんの少量)

控えるのがオススメ
アナフィラキシーショックを起こす恐れがあるもの
・かき、エビ・カニ

アレルギーの心配があるもの
・ほたて、あさり

噛み切りにくいもの
・いか、たこ

食中毒の恐れがある
・刺身

塩分が高い
・いくら

魚加工品

すぐに挑戦できる
・しらす干し(湯にかけて塩抜きをする)
・ツナ缶(塩抜き、油抜きをしてから)

様子を見ながら
・さけフレーク(塩分が高い)
・はんぺん(添加物が多いため、表記をよく見て購入)
・かまぼこ、ちくわ、さつま揚げ(塩分、添加物が多いので湯通しする)
・ししゃも、干物(塩分が高く、小骨が多いので注意)
・魚肉ソーセージ(添加物が少ないものなら少量だけ)

控えるのがオススメ
・するめ(塩分が高く、硬くて噛み切れないため)

乳製品

乳はアレルギー7品目なので、
最初は慎重に与えてください。

OKであれば、色々と少量ずつ与えて見ましょう

すぐに挑戦できる
・ヨーグルト(無糖)
・チーズ
・牛乳
・バター(少量、できれば無塩バター)

様子を見ながら
・加糖ヨーグルト(糖分の取りすぎに注意)

肉類

すぐに挑戦できる
・鶏ささみ、レバー
・鶏ムネ肉(ささみよりは脂肪が多いため、慣れてから皮は除いて)
・赤身肉(豚・牛)
・牛豚合挽き肉、鶏ひき肉
・牛ヒレ
・鶏もも肉(脂肪分が多いので少しだけ。皮は除く)

様子を見ながら
・豚バラ(脂肪分が多いため)

肉加工品

様子を見ながら
・ベーコン(塩分、脂肪分が多いのでダシとして使用)
・ソーセージ、ハム(塩分、添加物に注意)

控えるのがオススメ
・コンビーフ(塩分、脂肪分、添加物が多い)

野菜

すぐに挑戦できる
・ほうれん草、小松菜
・じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも
・レタス、キャベツ、白菜
・トマト、ミニトマト
・カリフラワー、ブロッコリー
・大根、人参、茄子
・きゅうり
・ピーマン
・とうもろこし

などなど、野菜は基本的に少量ずつ
色々な種類を与えていってください

キノコ、海藻

すぐに挑戦できる
・キノコ類
・わかめ
・ひじき
・焼き海苔(細かく刻んで)

様子を見ながら
・味付け海苔(塩分が高く、味も濃い)

控えるのがオススメ
・エリンギ(繊維質が多く、噛み切りにくい)

果物

すぐに挑戦できる
・いちご
・みかん、メロン
・スイカ、なし
・柿、レモン
・ぶどう(皮と種を除いて細かく刻む)

アレルギー20品目
・りんご、もも
・キウイ、バナナ

控えるのがオススメ
・パパイヤ、マンゴー(アレルギーの心配)

その他の食品や加工品など

すぐに挑戦できる
・ゼラチン(柔らかくなるよう分量は調節)
・片栗粉
・ココアパウダー(風味づけに)

アレルギー20品目
・ごま

様子を見ながら
・ジャム(添加物や砂糖の少ないものを少量)
・プリン
・はちみつ(1歳過ぎから少量ずつ)
・黒糖

控えるのがオススメ
・ナッツ類

慌てずに少量ずつ、楽しい食事を!

1歳児食事

離乳食完了期になるにつれ、
好みがはっきりしてきたり、

食事に集中できずに遊んでしまう場合もありますが、
楽しく食べれるような工夫をしていってくださいね。

食べ物はアレルギーもあるので、
初めてのものは1品ずつ、少量ずつが基本です。

また、悩んだ時は無理に食べさせる必要もありません。
成長と共にいずれは食べる機会がある食材がほとんどです。

食べることが楽しい時間になれば、
子どもの方から進んで食事をしてくれます。

食事をただただ食べる作業にするのではなく
たくさん会話をしてコミュニケーションもとってくださいね。

子育て×SmileHouse

公式メルマガ【無料】

育児の教科書には書いていない
子育て7つのエッセンス

〜大人が子どもにできること〜

パートナーとの関係性がよくなっていくためには?
子どもの本来持つ力(潜在能力)が邪魔されずに発揮されるために大切なこと。など

これまで私が経験してきたもののなかから
子育てをしていく上で役立つ知識や体験を
7つのエッセンスに集約して、包み隠さず話しています。

お母さん自身が楽しみながら子育てをしていくために
ぜひお役立て下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

SmileHouseスタッフの妙加(たえか)です。 仕事に追われつつドタバタと記事を書いていますが、がんばって子育てに役立つ情報を更新していきたいと思っています。 最近はランニングとあんこと半身浴にハマっています♪